緊張と号泣の巻

このたびは体調の件でお騒がせして申し訳ございません!
皆様から沢山のあたたかいお言葉を賜りまして、感謝でいっぱいです。
愛のおかげで体があたたまります♡

一番酷かったときよりも既に治療の効果が出ているようですが、油断はせずに
せっかく来月にはお休みを頂きましたので、ここでしっかり治します!

さてさて。そんな体を抱えていましたので
「これはもうしばらく注射打ちながらかな・・・」
と思っていたレコーディングが終了しました。

お写真は懸田貴嗣さんと加屋野木山さんから頂戴しました。

イタリア古典歌曲集録音 西山まりえ
波多野睦美さんのソロCD「イタリア古典歌曲集」(仮題)
あの名曲たちが、本来のバロックの姿で演奏されたまさに音大生にとってバイブル的CDになるはずです。
フルオケで聞けるんですよ。なんて贅沢な企画!
全曲が「良い曲!」って思えるなんて、音大時代には正直考えられませんでした。
それがいま、波多野さんの歌によって真に迫るドラマティックな歌曲で蘇り全部感動的。
波多野さんは日本が誇る素晴らしい歌手ですが、これは本当のことですよ。


イタリア古典歌曲集録音 西山まりえ1
最高にお洒落なカッチーニの録音と言ってもいいのではないでしょうか〜〜!

波多野睦美さんによる絶唱「アリアンナの嘆き」
イタリア古典歌曲集録音 西山まりえ2
1日 11時間のセッションが3日間!!!
わたしの体がどうのこうの、とか言っている場合ではありません。歌の波多野さんの体力!!超人さには圧巻。
実はわたしの体調ですが、波多野さんとご一緒している間に、みるみる楽になった奇跡が起こりました。
この方…もしかしてヒーラーではないでしょうか!?

波多野睦美 懸田貴嗣 西山まりえ
レコーディング終了直後のトリオで撮影。
チェロは懸田貴嗣さんです。きっとCDではめちゃくちゃかっこいいチェロの音が聴けますよ。
音色はとても心強く、そしてしなやかな妙技で感激☆
通奏低音ってとても気が合っていないと出来ないですから、ご一緒できたこともまた奇跡のよう。

イタリア古典歌曲集録音 西山まりえ 波多野睦美 桜井 野田
こちらも終了直後の撮影。
エンジニアの桜井さんとディレクターの野田さんと。
音楽に対し「真実」を追求してくださる最高のペアとお仕事できて、めちゃくちゃ幸せでした!

そしてヴァージナル、チェンバロ、バロックハープの3台を
バッチリ運搬調律してくださった加屋野木山さんがいなかったら
私はとっくに「ご臨終・・・」だったはず。
本当にスーパーマンのようなお仕事でした。ありがとうございます!本当に助かりました〜〜〜。


で・・・終わった!!!とか思ったら、急に、いままでの不安と緊張の糸がほどけて
突然、涙がドドッと出てしまいました(恥)

たまたまホールが家から近く、朝には整形外科のリハビリも行けましたし不幸中の幸い。
なんとかこの体でもやり遂げられました!

しかし・・・
この後はわたし、ほとんど記憶がないんですね。
あまりに3日間集中したせいか、
あまりに自分の体の大きな不安から解放されたせいか、、、

覚えているのは、帰宅後に主人と近所の焼き鳥屋さんに行き
ずっとまだ泣き続けながら鴨鍋をすくっていたことでした。
そのあと、いったいどうやって家に帰り、いつ眠ったんだか、なんなんだか。
気がついたら朝でした。

旦那さんへ。
変な思いをさせてしまいすみませんでした。
お店の人どう思ったんでしょうね(笑)

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード