スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなリズム

長らくブログをお休みしてしまいましたっ
気がつけば朝起きると寒い・・・なんて思う季節になりましたね。
昨日はアントネッロの大将 濱田芳通による素晴らしいリコーダー独奏の演奏会でした
やっぱ鉄人
西洋縦笛の道を極めた男!さすがです!

ふと今月初めに亡くなった私の父も・・・会場で聞いているような気がしました
体が弱くなってからは都内の演奏会に来ることができなかったけれど
昨晩はニコニコして「いや~濱田さんはスゴイね」なんて感心してるみたいな!?

優しい父でした。
愛情深くて小さな頃からいっぱい遊んでもらったし
反抗期!?もよくぞ耐えてくれましたね~(笑)
写真の好きな父
日常の何気ない光景の中 人間愛をたくさん撮っていました。
やさしさがにじみ出ています。
今月号の雑誌「フォトコンテスト」でも中上級部門の予選通過してたょ!
パパにこの雑誌見せてあげたいー。
他にもよく賞を頂いたりして、体が弱くてもパパは自分の道をとても楽しんでいました。
父の遺品、財布から出てきた小さな写真。
30年前にとった箱根での写真ですが、私と母の部分を小さく切り取って、
それずっと持っていたらしい。。。
父が亡くなった現場近くに停めてあった車をとりにいって、夫がエンジンをかけたら
私の「フランス組曲」のCDがかかった!
私の演奏・・・最期のドライブで聞いてくれていたみたいです。

父は亡くなる寸前までダイスキな写真をとっていました。
宮内庁の鴨場近くで通称「野鳥の楽園」。
「秋の雲を撮りに行く」
と、秋晴れの午後出かけたそうです。
最期の数枚は、今まで・・・というかいつもの父の写真とは違って、
まるで水墨画の世界のようでした。

最期から2枚目は 水鳥の羽ばたきと 揺れる静かな水面
最期は 雲間から天の光が照らす秋の空

鳥になって飛んでいった父なんだな~。
安らかに笑っているような父に サヨナラしました。
とにかくもうホントにありがとうありがとう!!!の連続です。

濱田大将が告別式の日、父の写真みてあんなに泣いてくれて父も恐縮だったことでしょう。
母は石川ママが来てくれて喜びすぎて、張り詰めていた気持ちもプツッと切れるほど。。。
アントネッロは私の兄と姉 家族です!
父の財布にも緊急連絡先のメモでお二人の携帯まで書いてあったし・・・。

そして葬儀に際しても父の長年のお知り合いの皆様、同窓会や写真の会の皆様、
私や母のお知り合いの皆様にまで、また多くの親戚一同、
すべての方に本当にお世話になりまして、誠にありがとうございました。
父が嬉しくて可愛くて自慢の息子、夫と共にエンジンかけてがんばっていきたいと思います

さて遅くなってしまいましたが来週演奏会ございます!
私も4曲ほど平均律を演奏します~
両日とも昼の部に参加です!バッハの平均律をたっぷりお楽しみください

*********
3F・音楽室 オープン10周年記念コンサート・シリーズ 2
J.S.バッハ『平均律 第一巻』
12人のチェンバロ奏者によるリレーコンサート
(前半22, 23日は終了しました!)

2010年10 月29 日(金)
14:00 Nos.1~12   広沢麻美、桑形亜樹子、西山まりえ
19:30 Nos.13~24  岡田龍之介、渡邊孝、上薗未佳

10 月30 日(土)
14:00 Nos.1~12   広沢麻美、桑形亜樹子、西山まりえ
19:30 Nos.13~24  岡田龍之介、渡邊孝、上薗未佳

詳細:http://blog.livedoor.jp/ongacst/archives/51047033.html
会場:3F音楽室  (渋谷区千駄ヶ谷2-10-1木島ANNEX 3F、
 ....             総武線「千駄ヶ谷」より徒歩7分)
チケット:1回4000円 全自由席 各回とも25席限定
     2回セット7000円
       (組み合わせは自由、何日の何時とご指定下さい。)
予 約:25席限定の為要予約
予約&問合せ: 3F音楽室 ongacst-3f@r6.dion.ne.jp
tel&fax:042-472-6404
http://blog.livedoor.jp/ongacst/ 

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。