祝♪VESPRO400year☆東京公演

北海道からお戻りになった花井尚美さんが仰っていました。
「帯広より東京のほうが寒いわ~っ
きゃ~ん!ホントに東京は安定しない気候が続いています~
そんな中、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」
目白の東京カテドラル大聖堂にて演奏いたしましたっ
本番、4月16日夜は雪が降るほどの寒さ…プルプル
それにも関わらず立ち見のお客さまがいらっしゃるほど大勢の方にご来場を賜りましたっ
感激です。。本当に本当に!!どうもありがとうございました

それでは皆さまへ熱い感謝の気持ちを込めて
まずは前日ソリスト合わせのリハーサル風景を公開しちゃいます

今回のソプラノは星川美保子さんと彌勒忠史さん
ひゃひゃ~!とうとう彌勒さん「ソプラノ」となっちゃいましたょ~
それはそれは素晴らしぃお声で「21世紀のファリネッリ」級ともいえるほど、女性陣からの熱い視線が注がれてまーす
voceリハ1
一方、星川さんはお腹に赤ちゃんがきゃ~
8ヶ月のママが歌う聖母マリアのお祈り
天界級の美声がお腹にもさぞ優しく甘く響いていることでしょう

畑儀文さんは関西から到着されてすぐリハ!
しかも一発合わせで何も問題なく即しゅ~~りょ~~~っスゴイなー。。
ヴォーチェリハ2
春日保人さんはエコーのタイミングが本番で最高に絶妙で、演奏中にも関わらず私は痛く感激してしまいました
が!!!このタイミングにはちょっとしたハプニングがあったことを後で知りましたび・みょ~
さすが春日さん全てを良い方向に流す天才ですネ

魂が鼓舞する最高の音楽を素晴らしい方に囲まれて演奏するとホントに楽しくなっちゃいまーす
ヴォーチェリハ3

指揮者の濱田先生が構想30年(?)かけて織り込んだアイディアの宝庫ともいえる「聖母マリアの夕べの祈り」ヴェスプロです
ヴォーチェリハ4
そこには濱田先生の音楽へのいっぱいの愛が詰まっているのでしょう
そのほとばしる炎のような熱い指揮から伝わってきます
ヴォーチェリハ5

さて本番の4月16日!
男性控え室でパウル・エレラさん発見
ヴォーチェヴェスプロ1
今回の演目で初めてアントネッロとの共演
コンサート・ミストレスの戸田薫さんとはご夫妻息もピッタリ
常にその場で生きた音楽を表現するから、いっつも彼らの音楽がどうなるのか練習も本番も常にいっぱい聞いちゃう

さー!本番開始
ヴォーチェヴェスプロ2
オープニングは華やかなファンファーレが織り込まれ華やかな管楽器が大聖堂に響き渡ります
まさに心臓がドキドキする瞬間
合唱「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」の皆さんの熱唱が始まりま~す

高貴で天使が舞うような弦楽器によるリトルネッロ
ヴォーチェヴェスプロ3

あの大きなカテドラルが悪天候にも関わらず満席で、もう心から感謝でいっぱいでした
ヴォーチェヴェスプロ4

過去も未来も音が思いにのってすべてのことに感謝として降りますように
ヴォーチェヴェスプロ5

青地英幸さんのカッコいいエコーはここが発信地
ヴォーチェヴェスプロ6
ホントに幻想的
川島尚幸さんのグレゴリオ聖歌も心にしみいりました
小田川哲也さんのバスのお声も、深い森の奥から聞こえる仙人さま!のようなファンタジーが沸きましたね~

ヴォーチェヴェスプロ7
合唱の「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」の皆さんとは、既に毎年のように何年も演奏させていただいておりますが…今年、改めて思ったこと
この合唱団は大げさではなく全員がひとりひとり主役。歌っている皆さまの生き様を余す所なく表現している感じでした濱田先生による教えがこのように花開く状態になるには、たくさんのご苦労もあることでしょう
いや~!モンテヴェルディによる宝物が21世紀にも残っている奇跡に乾杯
というわけで打ち上げも盛り上がりましたね

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード