3月6日リサイタルのご挨拶♪

今日はあたたかくてブーツを履く気分ではなかったですね~
楽器も春に向かってコンディションが少しずつ変ってきました。
とはいっても安定している様子でカワイイです
楽器もワタシも6日に向けてがんばっています
ギャラリー鶉シリーズが最終回を迎えます
今日は、6日にあたってご挨拶文です

************************

立春を過ぎ、風や光に「春」の確かな足音を感じますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
昨年7月より始まりました目白・ギャラリー鶉での4回シリーズ
「光の音と庭 ~西山まりえリサイタル」
が、3月6日(日)春分の会をもって最終回となります。
季節ごとにテーマをかえ、美しい静かな庭園を眺めながら
その時に最も演奏したい曲をセレクトしお届けしております。
今回は、芽吹きだす木々や花々のエネルギー、輝きを増す光、
それらに同調する人間の心を、調和させ祝うような気持ちで、
「花」や「恋」の中世音楽を演奏したいと思います。
これからやって来る新しい季節が、新鮮な出会いや流れの中、
あたたかなエネルギーを益々皆さまにもたらしてくれるよう
私なりに音楽をもって祈りつつ。。。

最終回まで迎えられましたことに深く感謝申し上げます。
皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

西山まりえ

**************************
2011年3月6日(日)
《光の音と庭》
西山まりえ GALLERY 鶉コンサート・シリーズ
『春分 ~自然との調和 花と緑と恋の季節へ』

ギョーム・ド・マショー/<あらゆる花々のうち> <薔薇も百合も春も>
フランチェスコ・ランディーニ/<春が来た>
ロバート・ブリッジ写本より エスタンピー「ペトローネ」ほか

【開演時間】
午後1時&4時開演 (2回公演、開場は30分前)
*各終演後に茶菓子付きミニ・パーティー(無料)を行います
4時の会はただいま残席僅少です。
【出演】
西山まりえ(歌/ハープ/オルガネット)
矢野 薫(プサルテリー/オルガネット)

【会場】
GALLERY 鶉(じゅん) http://gallery-jun.jp/
東京都豊島区目白2-8-1
JR「目白」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅より徒歩約6分

【料金】 5,000円 (全席自由・各回30名限定)
【チケット販売】東京古典楽器センター 03-3952-5515
【お問い合わせ先】
e-mail info.marieconcert@gmail.com
Tel/Fax 03‐5935‐6380 (斉藤・平日10~18時)

主催:西山まりえリサイタル実行委員会

3月はスグなのネ♪

心技体~発表道場おかげさまで熱演の嵐で無事終了~~っ
ご来場賜りましたお客様へ、心から感謝感謝です
全員が新しいことに挑戦した空間、未知なる世界へ飛び立つ瞬間に、
「集中」が奇跡をよぶのですっ
これからもドンドン高みをめざしてがんばってください
写真は後日に更新しますねーん。

さてさて。今月は予定していた長期の仕事が突然キャンセルと連絡がきてしまい、
およよょょ~!っと思いましたが、おかげで時間をたーっぷり
有効に使うことができました~

で…なんと今月オペラ3本!お芝居1本!みちゃいました
潤う心のじんわり感…。あ~。たまらぬ~。

○シューマン「ゲノフェーファ」
 段差を使った演出で美声のシャワー!贅沢気分の午後でした
○ヴェルディ「椿姫」
 美女の最期の歌が耳に残り、雪のバレンタインデーに涙出ちゃいました
○シュトラウス「サロメ」
 日本オペラ会歴史に残る舞台でしょうね~明日からまだ2公演ありますょ!
○琉球ロマネスク「テンペスト」
 仲間由起恵さん大迫力&完璧な演技力歴史の渦のなか女性らしい幸せに感動のラスト!

そしてアップルパイを今年すでに5個作ったもんね~
有機栽培のかわいい赤りんごや爽やか青りんごは、体にやさしいです。

もうこんなに時間のあるとき、今年はもうなさそうなの
でも こういうのってホントに充電ですね

さ~!今月28日しかないから、3月すぐに参ります☆
はりきっていきますよ~ダイスキな春がやってくるのですから
3月の演奏会情報です。

まずは6日(日)のリサイタルでスタート「春」の喜びを表現したいです!
中世の歌とハープ、オルガネットで弾き語りします。
ぜひぜひ、美しい庭を眺めながらお聴きくださいね~

2011年3月6日(日)
《光の音と庭》
西山まりえ GALLERY 鶉コンサート・シリーズ vol.1
春分 ~自然との調和 花と緑と恋の季節へ
西山まりえゴシックハープ

ギョーム・ド・マショー/<あらゆる花々のうち> <薔薇も百合も春も>
フランチェスコ・ランディーニ/<春が来た> ほか

【開演時間】午後1時・4時開演 (2回公演・開場は30分前)
*各終演後に茶菓子付きミニ・パーティー(無料)を行います

【出演者】西山まりえ (歌/ハープ/オルガネット)
矢野 薫(プサルテリー/オルガネット)

【会場】GALLERY 鶉(じゅん) http://gallery-jun.jp/
住所 東京都豊島区目白2-8-1
JR「目白」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅より徒歩約6分

【料金】 5,000円 (全席自由・各回30名限定)
【チケット発売】東京古典楽器センター 03-3952-5515
【お問い合わせ】 e-mail info.marieconcert@gmail.com
     Tel/Fax 03‐5935‐6380 (斉藤・平日10~18時)

主催:西山まりえリサイタル実行委員会
協力:アントネッロ


2011年3月16日(水)午後7時開演 (6時30分開場)
ラ・モレスカ La Moresca
  ~16-7世紀ヨーロッパのアラブ風音楽~
【公演中止】
 詳細は
http://www.anthonello.com/
会場:近江楽堂 (東京オペラシティ3F)

 出演:アントネッロ
  蜜月稀葵 (ダンス) 澤村翔子 (ソプラノ)
  西山まりえ (バロック・ハープ)
  濱田芳通 (リコーダー&コルネット)

 入場料:¥4,500 (全自由席)

【重要】チケットの払い戻しにつきましては、
アントネッロ・コンサート
 03-5685-2725(10~18時)
 anthonello.concert@gmail.com
までお問合せください。

また、「イープラス」よりチケットを購入された方は、イープラスサイトより
払い戻しの方法をお確かめください。

ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程どうぞよろしくお願い申し上げます。




2011年3月19日(土) 14時開演 (13時30分開場)
 『ビバ・チャコーナ! ~17世紀のダンス・ミュージック』
   会場: 信州国際音楽村ホールこだま (長野県上田市生田)
   入場料: 全自由席 前売¥2,000 当日¥2,500 
   出演:彌勒忠史(カウンターテナー)
       濱田芳通(リコーダー&コルネット)
西山まりえ(チェンバロ&バロック・ハープ)
曲目: G.カッチーニ「私の美しいアマリッリ」、G.B.フォンタナ「ソナタ第2番」、
G.フレスコバルディ「そよ風吹けば」 他

   チケット購入・お問合せ先: (財)信州国際音楽村 Tel. 0268-42-3436
http://www.ongakumura.jp/

2011年3月26日(日)11:00~16:00
日本ハープ協会主催 ♪ハープを弾こう!2011
ヒストリカルハープ&ノンペダルハープ勉強会
【公演中止】
 詳細は日本ハープ協会 ヒストリカル・ノンペダルハープ委員会
 Fax. 03-3448-9849  lever-harp@shonan-sound.net

会場:浜離宮朝日ホール内・リハーサル室
* お問い合わせ先
日本ハープ協会 ヒストリカル・ノンペダルハープ委員会
 Fax. 03-3448-9849  lever-harp@shonan-sound.net

2011年3月27日(日)午後4時開演
『ラテン・バロック!至高の天使たち~17・18世紀ペルーとボリビアの宗教音楽』
【公演中止】
 詳細は主催・問い合わせ先:フォンス・フローリス tanaka@fonsfloris.com

会場:トッパンホール
出演:コントラポント
ソブラノ 花井尚美 広瀬奈緒 アルト 澤村翔子 弥勒忠史
テノール 島田道生 バリトン 春日保人
ヴァイオリン 小野萬里 丹沢広樹 ヴィオラ・ダ・ガンバ 多井智紀 ヴィオローネ 西澤央子
ドゥルツィアン 古橋潤一 ハープ 西山まりえ リュート・ギター 金子 浩
オルガン&リーダー 花井哲郎
指揮・歌・ギター・打楽器 アドリアン・ファン・デル・スプール
曲目:
ペルーとボリビアのカテドラルより(クスコ、リマ、スクレ)
作者不詳 「キタソル」 
トマス・デ・トレホン・イ・ベラスコ 聖水曜日の第1哀歌
メサ・イ・カリゾ 「至高の天使たち」 
ボリビア・モホスの伝道所より
作者不詳 チキタナのソナタ 
作者不詳 「とても甘美なイエスよ」 ほか

チケット 前売 一般4,000円 ペア7,000円 学生2,500円* 当日 一般4,500円(全自由席)
      *学生券は学生証を提示の上お求め下さい
前売チケット取扱
     トッパンホールチケットセンター 03-5840-2222 03-5840-2222
     東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650 03-5685-0650 (セブンイレブンでの引き取り可能)
     東京古典楽器センター 03-3952-5515 03-3952-5515
 主催・問い合わせ先:フォンス・フローリス tanaka@fonsfloris.com

2011年3月30日(水)
エル・コンゴ~南米ペルーのバロック音楽~ in 北海道

サンバもサルサもタンゴも...すべてのルーツはここにある!
ラテンアメリカ音楽の起源と進化を知る上で、きわめて貴重な
18世紀のペルー博物誌「トルヒーヨ」写本に記載された作品を
この写本の研究を長年行っている、アドリアン・ファン・デル・
スプール氏をお迎えしてお届けします! 

出演;アドリアン・ファン・デル・スプール〈歌、ギター、パーカッション〉
   アントネッロ: 濱田芳通〈リコーダー、コルネット〉
     西山まりえ〈バロック・ハープ〉 細岡ゆき〈リコーダー、歌〉
コール・エル・コンゴ(歌):陣内麻友美、小出なつき、根深夏、陣内直、中原聡章

プログラム;エル・コンゴ
      うさぎ
      ピファーノと太鼓を伴うバイレ
      ダイアモンド 他 *プログラムは、都合により変更になる場合がございます。
                   
昼の部 開場 14:30 開演 15:00
夜の部 開場 18:30 開演 19:00

場所;ザ・ルーテルホール Tel. 011-251-1311
    地下鉄「大通り駅」1番出口 徒歩3分
    札幌市中央区大通り西6丁目札幌ルーテルセンタービル2F

入場料;前売り 3500円 当日4000円 学生(大学生以下)1500円
     BCS会員3300円(前売りのみ) 

チケット取り扱い;大丸プレイガイド 011-221-3900   
         4ぷらプレイガイド 011-251-5547
チケット取り扱い・お問い合わせ: rec.hosooka@gmail.com (細岡)

主催;コール・エルコンゴ
後援;札幌市・札幌市教育委員会、札幌音楽家協議会、日本ペルー協会   
    バロック・コレギウム・サッポロ  

発表会がやってきます~♪

立春のころあたたかくなった東京

…と思ったら
「さ・さぶ~~~~っ

ここのところ周囲ではお風邪を召されてしまった方も多いようです
でも今の風邪は新しい節目を迎えるお清めの意味もあるらしいですよっ
あたたかくしてお大事にしてください

ワタシの最近のお気に入りは「ホットワイン」です
寝る前にじ~んと温まります。
スパイシーでほんのり甘くてポカポカです
あー。こんなに美味しいなんてしらなかった!
スイスに住んでいるときに知っていたらな~~~。。
あ。でもあのころは体が弱くて5年間禁酒生活だった
いずれにしてもほどほどに(笑)
優しく飲むのは和みです

さて2つお知らせです
***
1.昨日ボーっとNHKみていたら「世界ラン展。。。」とかいうような番組の宣伝
BGMにバッハのインヴェンション第3番が流れていました。
えっと、ワタシの演奏ですぅ
たまたまご覧になられた方、ぜひ聞いてくださいね~!

2.もうすぐ生徒さんの素晴らしい発表の儀!開催です。
日頃の成果を出される方、この機会に思い切りステップアップする方、
こういう場だからこそがんばっちゃう方、とにかく体当たりででちゃう方!
ホントにこの発表会は皆さんがんばっていらして、美しい瞬間がいっぱいです!
ハープ、チェンバロだけでなく、リコーダー、コルネット、歌、ガンバetc...
古楽をたくさんの楽器が彩ります!!
ワタシも伴奏で参加いっぱいしま~~す
なんと27組参加予定っ!ひゃ~
ぜひぜひ応援に、遊びにいらしてくださいませ
*********
アントネッロ塾生発表会『心技体 発表道場』が開催されます♪
15回目を迎えますアントネッロ門下生による発表会『心技体 発表道場』が2月に開催されます。
リコーダー、コルネット、ハープ、チェンバロ、歌、アンサンブルなど…音楽への情熱がはじけます!
皆様どうぞお気軽に足をお運びください。  

  アントネッロ塾生発表会 第15回 『心技体 発表道場』
   開催日時: 2011年2月19日(土) 17時開演 (20時終演予定)
   会場: 滝野川会館 5F 小ホール (JR山手線「駒込」駅より徒歩10分)  http://takikan.com/
   入場料: 無料 ※予約不要、演奏間の入退場自由

   お問合せ先: アントネッロ・コンサート Tel 03-5685-2725 (平日10~18時)



音楽に寄せる変らぬ思い

先日「イ・サン」という韓国のドラマを観ていました。

ある才能に恵まれた女性絵師が王様の側室に選ばれ、そのため絵描きを本業とすることはなくなりました。
王宮に入る彼女に、絵描きの上司が伝える最後の言葉。


「絵に寄せる思いだけは忘れないでほしい。

才能は心に宿るもの。

絵筆をもっていなくても、心があれば変ることはない。」


******************

さて、今年初めてのアントネッロ公演は東京文化・小ホール!
「第3の技法」でした
心からご来場賜りましたこと感謝申し上げます。

17世紀イタリア、ルネサンスからバロックへ
その大きく揺れる変貌を遂げるきっかけが、第2の技法から更にモンテヴェルディが辿っていく変異に伴うかもしれない。
カヴァッリのオペラ「カリスト」を昨年12月に濱田芳通指揮のもと演奏いたしましたが、
まさにこの時期ドンピシャで、それはそれは興味深いレパートリーでした。
その辺りの時代のものを、指揮者であった濱田さんが今度はリコーダーとコルネット奏者として演奏!
という日だったのです
題して「第3の技法」

アントネッロ定期第3の技法1

カステッロやフォンターナ、コッラディーニの音が天空を舞うような…
頭の中ではイタリアの教会など、ドームに飛翔していくようなイメージが浮かびます。
アントネッロ定期第3の技法2

ハープのソロではヴァチカンの巨匠・フレスコバルディの数々の名曲を演奏。。
精神性の高い彼の作品は、何度弾いても更に美しい扉を開けてくれます。
きっと永遠に続くのでしょう。
西山まりえアントネッロ定期第3の技法3

お!精神統一。
アントネッロ定期第3の技法4

今回の賛助出演 細岡ゆきさん
またグンとキレイになりましたね
アントネッロ定期第3の技法5

今回はメンバーの石川かおりさんが病気療養中のため降板いたしました。
変更がございましたこと、誠に申し訳ございませんでした。

いつも優しく澄んだ心の石川さんです。治療にも真剣に取り組んでいます。
あたたかな皆様からのお言葉や応援、感謝でいっぱいです。

本当に本当に…すべての方々へ、心より感謝申し上げます

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード