春のバースデー♪

わーい
サポクラバースデー2010
4月21日に誕生日を迎えました
そしてこのケーキといっしょにお祝いしてくださったのは・・・
サポクラバースデー2010(2)
サポーターズクラブの方々です~~~
4月25日(日)はあたたかくてステキな日曜日でした
そんな午後お集まりくださったサポクラ会員の方々と親睦会&バースデー会
サポクラバースデー2010(3)
ミニ・コンサートもあり新曲も披露
サポクラバースデー2010(4)
プサルテリー奏者のやのちゃんと演奏&トーク
サポクラバースデー2010(8)

ご参加の皆様からメッセージ&突撃質問コーナーしかしその質問の多くは母への質問だった
音楽を始めたきっかけなど母が語る「まりえ幼少期」の実態
皆さんが予期していたような答えではなく、超のんびり&ゆったりの育児でした

よく母に言われて私が困ったフレーズ集
1「今日は学校休みなさい。」→なぜなら風や雨が強いから。しかし、私は学年で一番家が近い生徒でした徒歩5分。
2「ピアノやめてもいいわよ。」→なぜならすでにお友達がみんなやめてるし、練習の時間の分は遊べるから
3「そんなにがんばらなくていいわよ。」→なぜなら傍で見ていて気の毒だから

で、なぜかそう言われると・・・
「そうはいかないよ ママ
と困ってしまう幼少期まりえでした

誕生日を迎えるたびに、こんな季節、自然の流れのなかに自分が生まれたんだな~なんて思う
サポクラバースデー2010(6)
そして母は強しこりゃ女王だな・・・
サポクラの方々にはもうこの親子図がバレバレでした~
サポクラバースデー2010(7)
本当にこの世のすべての方に「ありがとうございます」を伝えたい
心をつなげて生きている。人はつながっている。
すべての方に支えられ、背中を押してもらい勇気がわく
そして生きていられるのだと常に感じています。
一個しか取り柄のない私ですが「音楽」でご恩を伝えられたら幸せです。
世界の人みんな!最高のかたちになれる日は必ずやってくると信じています。

韓国オペラ情報♪

ハープ女学園に続き告知でーす今回はオペラ出演
急に決まったお話でドキドキですが、来月韓国いってきます
ワタシにとって初韓国&韓国デビュー
「ソウル芸術センター Seoul Arts center」という場所には、いっぱい音楽ホールやオペラ会場があるらしい。
その中の Towol theater というホールの様子。
お題は「オルフェオとエウリディーチェ」 by グルック
ワタシはオケの中でバロック・ハープを弾く予定
この物語ではオルフェオの竪琴がとっても大事なお役目
なんだか心臓バクバクですが楽しみがいっぱいです~
公演スケジュールはこんな感じ

5/16, 17, 18, 19, 20, (毎晩 PM 20:00-21:30)
計 5 公演 at Towol Theater , Seoul Arts Center

オルフェオとエウリディーチェ at ソウル

ソウル芸術センター(英語版)

Booking Guide で予約できるようですが、お電話での予約のご様子ですね~
ぜひぜひ観光も楽しそうですしよろしければ韓国いらしてね~

このオペラって18世紀後半なのに、ぬわんとあのコルネット(もちろん古いコルネットょ)も登場するんです
というわけで、我が「ドン・ハマーダ」&「アミーゴ・ホソカーワ」も出演しますよょょょ~ん

ハープ女学園♪初夏のお稽古しまーす

さむーい みなさま 体調はいかがでしょ~
お風邪引いてしまわれた方も多いようなので、どうぞ気をつけてくださいね
ワタシは最近「サツマイモのスープ with 豆乳」を作りとっても温まりました
炒めた玉ねぎに適当に切ったサツマイモをブイヨン入りであたためて
それをミキサーでガ~~~~
再び鍋に入れて豆乳とよく混ぜて塩&胡椒で味つけ
以上 ありえないほど超カンタン
風邪引きそうだったし、とっても疲れていたけれどスッカリこれで元気
うちは泥つきでやってきた有機サツマイモ使ったので、それだけで味が十分でした
元気野菜でぜひぜひおためしください

さてお知らせです
しばらくお休みしてしまっておりましたが「ハープ女学園」活動開始っ
古い音楽にはとっても楽しい宝物のようなレパトリーがたくさんあります
そしてハープでアンサンブルもしてワイワイしながらいっしょにお稽古がんばりましょ~
初参加の方も初心者の方もご遠慮なさらずど~ぞ

**********
ハープ女学園 初夏のお稽古2010 ☆ at 東京 のご案内

みなさん ごきげんよう♪
春の日差しが心地よい季節になりましたね。可憐なつぼみが心躍らせているように☆
私たちも気持ちよく竪琴を奏でお稽古しましょう^^ 自分の節目を知り成果を出し
てみたい方、またはチョイおさぼり気味だけど…ここで一気にハープまみれになりた
い方も、いっしょに音楽を満喫しましょ!
個人レッスンの曲は、中世からバロック期までが対象。グループは全員参加型(曲は
当日発表)。初心者だから…と、きっと不安な方もいらっしゃると思いますが、グ
ループにおいても皆が必ず受講できるようにプログラミングいたします。楽器はヒス
トリカルでも、そうでなくてもOK!色々な大きさの、様々なタイプのハープをお持ち
の方が集まって、楽しく明るく時に厳しく、共に励まし助け合い、全員が大好きな
ハープをお勉強しましょう。
「音楽力、知力、人間力」の3つをなくして、我がハープ女学園はあらず!
by 西山まりえ


【詳細】
日程:2010年6月12日(土)10:00~18:00予定 個人及びグループレッスン

       13日(日) 10:00~18:00予定 個人及びグループレッスン
          16:30~ 発表会

8名限定! (原則として2日間参加可能の方のみ。受講生は全てのレッスン聴講自由)

講師:西山まりえ (アシスタント:矢野 薫)

受講料:23.000円 (2日間の個人及びグループレッスン代、会場使用料含む)

会場:ファミリエ音楽教室 東京都荒川区東日暮里5-16-1 リーデンスタワー104
JR日暮里駅、JR鶯谷駅から徒歩6分 リーデンスタワー正面玄関左手
ファミリエ音楽教室HPはこちら!

ご予約締切日:5月28日(但し定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。)満員御礼!
次回「ハープ女学園」情報をご希望の方は、下記事務局にお名前&メール・アドレスをご登録ください。

お問い合わせ&お申し込み
ハープ女学園事務局 担当:小野寺 �: 080-5525-5028
e-mail: kao.o_o.you.2011@@i.softbank.jp
(迷惑メール対策ですので、上記@マークをひとつ取って送ってください。)

主催:ハープ女学園
(西山門下には女性が割合的に多いため通称この名ですが、男性のご参加もちろん大歓迎!)

祝♪VESPRO400year☆東京公演

北海道からお戻りになった花井尚美さんが仰っていました。
「帯広より東京のほうが寒いわ~っ
きゃ~ん!ホントに東京は安定しない気候が続いています~
そんな中、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」
目白の東京カテドラル大聖堂にて演奏いたしましたっ
本番、4月16日夜は雪が降るほどの寒さ…プルプル
それにも関わらず立ち見のお客さまがいらっしゃるほど大勢の方にご来場を賜りましたっ
感激です。。本当に本当に!!どうもありがとうございました

それでは皆さまへ熱い感謝の気持ちを込めて
まずは前日ソリスト合わせのリハーサル風景を公開しちゃいます

今回のソプラノは星川美保子さんと彌勒忠史さん
ひゃひゃ~!とうとう彌勒さん「ソプラノ」となっちゃいましたょ~
それはそれは素晴らしぃお声で「21世紀のファリネッリ」級ともいえるほど、女性陣からの熱い視線が注がれてまーす
voceリハ1
一方、星川さんはお腹に赤ちゃんがきゃ~
8ヶ月のママが歌う聖母マリアのお祈り
天界級の美声がお腹にもさぞ優しく甘く響いていることでしょう

畑儀文さんは関西から到着されてすぐリハ!
しかも一発合わせで何も問題なく即しゅ~~りょ~~~っスゴイなー。。
ヴォーチェリハ2
春日保人さんはエコーのタイミングが本番で最高に絶妙で、演奏中にも関わらず私は痛く感激してしまいました
が!!!このタイミングにはちょっとしたハプニングがあったことを後で知りましたび・みょ~
さすが春日さん全てを良い方向に流す天才ですネ

魂が鼓舞する最高の音楽を素晴らしい方に囲まれて演奏するとホントに楽しくなっちゃいまーす
ヴォーチェリハ3

指揮者の濱田先生が構想30年(?)かけて織り込んだアイディアの宝庫ともいえる「聖母マリアの夕べの祈り」ヴェスプロです
ヴォーチェリハ4
そこには濱田先生の音楽へのいっぱいの愛が詰まっているのでしょう
そのほとばしる炎のような熱い指揮から伝わってきます
ヴォーチェリハ5

さて本番の4月16日!
男性控え室でパウル・エレラさん発見
ヴォーチェヴェスプロ1
今回の演目で初めてアントネッロとの共演
コンサート・ミストレスの戸田薫さんとはご夫妻息もピッタリ
常にその場で生きた音楽を表現するから、いっつも彼らの音楽がどうなるのか練習も本番も常にいっぱい聞いちゃう

さー!本番開始
ヴォーチェヴェスプロ2
オープニングは華やかなファンファーレが織り込まれ華やかな管楽器が大聖堂に響き渡ります
まさに心臓がドキドキする瞬間
合唱「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」の皆さんの熱唱が始まりま~す

高貴で天使が舞うような弦楽器によるリトルネッロ
ヴォーチェヴェスプロ3

あの大きなカテドラルが悪天候にも関わらず満席で、もう心から感謝でいっぱいでした
ヴォーチェヴェスプロ4

過去も未来も音が思いにのってすべてのことに感謝として降りますように
ヴォーチェヴェスプロ5

青地英幸さんのカッコいいエコーはここが発信地
ヴォーチェヴェスプロ6
ホントに幻想的
川島尚幸さんのグレゴリオ聖歌も心にしみいりました
小田川哲也さんのバスのお声も、深い森の奥から聞こえる仙人さま!のようなファンタジーが沸きましたね~

ヴォーチェヴェスプロ7
合唱の「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」の皆さんとは、既に毎年のように何年も演奏させていただいておりますが…今年、改めて思ったこと
この合唱団は大げさではなく全員がひとりひとり主役。歌っている皆さまの生き様を余す所なく表現している感じでした濱田先生による教えがこのように花開く状態になるには、たくさんのご苦労もあることでしょう
いや~!モンテヴェルディによる宝物が21世紀にも残っている奇跡に乾杯
というわけで打ち上げも盛り上がりましたね

春の名古屋は桜色♪

東京は晴れて春の日差しがいっぱいの1日
あたたかくて桜がうれしそうに揺れていたな~

先週末は名古屋におりました~
名古屋はあたたかく、特に日曜日はとってもいいお天気で桜日和
4月3日(土)は徳川幕府開府400年記念をお祝いし、宗次ホールのシリーズ第1弾として
「信長・秀吉も聞いた!天正遣欧使節の音楽」をアントネッロで演奏してまいりました。
ワタシは今回アルパ(ハープ)で参加 カスタネットも演奏
宗次ホール1
このように舞台には「長篠の合戦」の屏風が!!!
でもとっても大切な屏風なので、こちら実はレプリカです
この日は屏風が飾られ、和装の方が舞台にいらっしゃると、いつもの宗次ホールと雰囲気が違ってさらにステキ
今回はCBC放送アナウンサー小堀勝啓さんによる朗読が入り、ステージは素晴らしい語り口によって自然に深く流れていきました

名古屋市長の川村たかしさんは公演の始めにご挨拶をされ、会場は既に熱気でいっぱい
ご公務でとてもお忙しく、休憩時間にお帰りになられるご予定だったにも関わらず、次の予定を急遽遅くに変更してくださり、この公演を最後までお聞きくださったとのことです。
徳川家末裔の徳川美術館の館長さんもご来場くださいまして、お二人並んでお聞きいただきました。
そして、会場では満員のお客さまにお越し頂き、終演後にもあたたかいお言葉もたっくさん頂きました~
皆さまへ心より感謝申し上げます

歴史の渦に翻弄され、苦難の道のりを辿った天正4人の少年たち。
また他のキリシタンや関わる人々の苦労の思いと魂が、いまどうか安らかでありますよう…音楽を通し祈りを捧げます

はい!では特別公開和装の花井尚美さまでーすキレイね~ん
花井さん

さて翌4日(日)ワタシだけ名古屋に残りました~
ハープ協会・中部支部主催の「ヒストリカル・ハープとの出会い」と題したリサイタルを催させていただきました
昨年夏のハープ協会総会にて、ワタシの珍しいハープをご紹介させて頂いて以来、このようにハープを愛好されているたくさんの方々にもご紹介をさせていただく機会をいただくようになり、私もそして古いハープたちにとっても光栄でうれしい限りです
多くのみなさまと、古いハープやレパートリーが出会えるきっかけになれたら、どんなにステキなことでしょう
この4月は入学式、新学期、そして入社など、新しい出合いの季節
この4月4日も、ヒストリカル・ハープと中部地方の皆さまとの出合いの記念日になるかと思うと、ドキドキとっても心が躍る想いでした

この日はハープ協会・中部支部長の近藤薫さん、そしてスタッフの皆さま全員のお心のこもったきめ細やかで笑顔の耐えないおもてなしに感激ステキな日でした
また全員美女揃い・・・。舞台裏はとても華やかでおいしいお弁当やフルーツなどで更に華やか
こんな素敵な方々がハープを演奏し、そして音楽を愛していらっしゃる…と思うと胸が熱くなり、ワタシも「やる気スイッチ・オン!」でした
ハープ協会中部支部ヒストリカルハープ
この日は残念ながら演奏会中の写真はございませんが、開演前のステージはこんな感じ
200名近くのたくさんのお客さまと一緒に、13世紀から17世紀のレパートリーを演奏させていただきました
限られた時間の中にお話したいこと、またご紹介させていただきたい曲がたっくさん…
少しでもこんな珍しいハープの世界、そして古いヨーロッパの愛や神への祈りの思いが籠った曲を、皆さまにお届けできれば…と
これからも楽しく美しく、そして心が揺れるようなレパートリーをぜひお聞き頂きいただきたく、またチャンスがある方には実際に演奏もされてみていただければ幸いです
東京でもワタシ主催のハープのワークショップ「ハープ女学園2010☆初夏のお稽古」開催予定(近日中に日程詳細発表しまーす)
それからコンサート・シリーズ「光の音と庭」もございます(詳細は演奏会スケジュールご覧下さいネ)

小さな竪琴のような中世ゴシック・ハープは「カワイイ!」と登場した瞬間に歓声があがりました~
皆さまへ御礼を込めて特別公開
ゴシック・ハープ
池田ひらく氏撮影
こちらは去る2月、金沢21世紀美術館でこのハープを演奏したときの写真
どうぞ今後ともハープ共々よろしくお願いします
で…東京駅に着いたら、突然あんみつが食べたくなって寄り道しちゃいました
あんみつ東京駅
ホッと一息至福の時間でした~

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード