珍管楽器♪春の祭典

3月も終わりを迎えようとしているのにまだまだ寒いですね~
気候のせいか風邪を引いてしまわれた方もいらっしゃるようです。どうか皆さま体調に気をつけてくださいね
さてさて先週末はとっても珍しい2日間のコンサート
セルパンとサクバットに焦点をあてた演奏会に、私も伴奏で参加いたしました

まずは3月26日(金) セルパンとの共演
セルパン1
セルパンとはフランス語で「ヘビ(蛇)」という意味
文字通りホントにくねくねしていてまさに珍楽器
セルパン奏者はチューバ界でもとっても有名な橋本晋哉さんです
セルパン2
もう一つの曲がった管楽器コルネットの濱田さんも加わってものすごーく珍しいアンサンブルになりました
なんとなくよーく響き渡る教会、あるいは宇宙!?のような不思議な感覚になるのです
私も勉強になったことですが、以前はグレゴリオ聖歌と共にセルパン2台いっしょに演奏していたんだそうですとても大事な楽器だったんですね~
セルパン3
うむこういう素晴らしい音色体験は博物館で飾っているだけではわからないものです
体に伝わってくる振動なんてもうホントにすごい
ぜひぜひ皆さま機会ありましたらこれからもこのような珍しい楽器体験されてみてくださいね

翌3月27日(土)はトロンボーンのご先祖サクバットと仲間たち
サクバット奏者は新日フィルのトロンボーン奏者宮下宣子さんです
サックバット1
すっごく難しい古楽器の管楽器奏法は、それはそれは大変な苦労がいるそうです
でも果敢に向かっていかれるのは、その世界がすばらしく音楽的で楽しいのだそうで~す
そんな思いを熱く語られる宮下さんエネルギッシュな演奏は小柄なお体からはとても想像できないほどのパワーに満ち溢れたものでした
サックバット2
わ~古楽の管楽器による豪華アンサンブル
とっても楽しい体験の2夜でした~

さて今週末は名古屋入りでっす
4月3日(土)はアントネッロの天正遣欧使節の音楽
そして4日(日)は私のヒストリカル・ハープによるレクチャー・コンサートでっす
弾き語りもいっぱいあるょ
ぜひぜひご来場くださいませ
*********
2010年4月3日(土) 午後3時開演(開場2:15)
名古屋開府400年記念特別シリーズ 徳川美術館協賛
「尾張徳川家の歴史でたどるクラシック音楽」(全7回)

第1回目にアントネッロが出演!
《信長・秀吉も聴いた!日本に初めて響いた西洋音楽》

演奏: アントネッロ
濱田芳通(音楽監督・コルネタ/フラウタ/シャラメラ)
石川かおり(ビオラ・ダルコ)
西山まりえ (アルパ/クラボ/カスタネータス他)
春日保人(歌/フィファラ/篠笛/一節切)
花井尚美、藤沢エリカ、岡庭矢宵(歌)
矢野薫(クラボほか)
わだみつひろ(タンボール/太鼓)
CBCアナウンサー 小堀勝啓(ナレーション)

プログラム:ルネサンス音楽(天正遣欧使節の音楽より)

会場:名古屋・宗次ホール

チケット料金:3000円 友の会2700円(全指定席)
<チケットお求め・お問合わせ>
●宗次ホールチケットセンター Tel. 052-265-1718
営業時間 10:00 ? 18:00 年中無休
●徳川美術館ミュージアムショップ(店頭販売のみ取り扱い)
●チケットぴあ Tel. 0570-02-9999
主催:宗次ホール
http://www.munetsuguhall.com/
*********

2010年4月4日(日) 午後2時開演(開場1:30)
春の光の中に古雅で新鮮な響きがよみがえる
《ヒストリカル・ハープとの出会い》 L’incontro con l’arpa Historica

演奏: 西山まりえ (バロック・ハープ&中世ゴシック・ハープ)

プログラム:
アリア《泉に、野に》 ジウーリオ・カッチー二
《第3旋法のトッカータ》 ジローラモ・フレスコバルディ
アリア《そう信じてしまうおバカさん》 タルクイーニオ・メールラ
《コンスタンティア》 作者不詳:ファエンツァ写本より
エスタンピー《トリスタンの哀歌》 作者不詳:ロンドン写本より
《私が帰路に着くとき》 ギョーム・ド・マショー
《恥じらい、恐れ、心配を》 ギョーム・ド・マショー など

会場:愛知県芸術センター内 中リハーサル室(B2F)

チケット料金:1500円 (全自由席)
<チケットお申し込み・お問合わせ> 近藤 薫 Tel/Fax. 0587-21-9544
主催:日本ハープ協会 中部支部

祝♪VESPRO400Year☆大分公演

VENEZIAでちょうどお彼岸シーズン
クラウディオ・モンテヴェルディのお墓参りをして
先週末は大分県でモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り Vespro」を演奏してきましたっ
今年はVesproの出版された1610年からちょうど400周年
合唱団は「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」そして大分県日田高の女子高生も
オーケストラはアントネッロの大チーム
ソリストは花井さん&彌勒さん(ソプラノ)
七条さん/青地さん/川島さん(テノール)
小笠原さん&小田川さん(バス)
総勢100名くらいいたのではないかしら???
3月22日(月・祝)14時から鳴り響きました~
この会場「パトリア日田」は素晴らしい音響で、日田杉を使ったホールです
なんとこのホールの建築家さんは、指揮者の濱田先生旧宅&鷹羽スタジオを設計された方
当日、演奏会も聴きにいらしてくださいました~

このように今回の旅は不思議なことがいっぱいありましたが、特別なご縁やつながりがあるのでしょうね・・・。

演奏会前日に飛ぶはずだった飛行機が強風で欠航になったり始終ドタバタしっぱなしでしたが、なんだかそこが更にアントネッロらしくラテン系
本番が始まれば全員すごい集中力で、この音楽の素晴らしさにみんなで感謝のパワーが溢れました

さて終演後、夕方18時半からの大分OAB放送のニュースに、私たちの演奏会が放映されましたっ
VESPRONEWS1
濱田先生&石川先生も食い入るように画面に集中
VESPRONEWS2
まーちゃんもアップで映った~
VESPRONEWS3

さて夜は日田にとんでもない人数で打ち上げ大騒ぎ
VESPROHITA1
終演後に早速温泉に入ってつるつるお肌の女性陣
VESPROHITA2
メンバーとスタッフそれぞれ最高に緊張し、良い物を作り上げようという気持ちは尊いこと
みなさんステキな表情だわ~~~
VESPROHITA3

ふしぎなことをもう一つご披露。
日田のビジネスホテルに宿泊でしたが、ぬわんと濱田先生のお部屋は偶然にも
1610 号室・・・。
1610年出版されたVESPRO、その400周年記念演奏旅行にまさにふさわしい部屋番号ですね

4月16日には東京カテドラル大聖堂にて、東京公演もあります
ぜひぜひいらしてくださいね
今年ゼッタイ

イタリア2010 appendix!

今日はイタリア旅の付録写真特集です
まずは!モーツァルトとクリスチャン・バッハと一緒にパシャ
italia1
このお店が世界最古の居酒屋さん「ブリンディシ」at フェッラーラです
1435年創業だって~フレスコバルディもジェズアルドも飲んだかな!
italia2
店内にはイケメンのお兄さんがいました~
italia3
こんな風に店内にはおいしそうなワインがズラ~~
italia4
イタリアには古い物ばかりでなく、フェラーリなどのカッコい~い車だって有名っ
歴代のフェラーリもズラ~~
italia5
フェラーリだと排気ガスもいい香りするのかな~!?クンクン
italia6
イタリアは鳥さんがかわいいすぐ近くなのに平気なの。
こちらはフェッラーラの鳩ちゃんイタリアっぽい鳩さん?
italia7
こちらヴェネツィアの魚市場でシャコを美味しそうにゲットカモメちゃん
italita8
最後の二日間は超~駆け足でしたがちょっと足を延ばして…まずは水の都VENEZIA
italia9
サンマルコ寺院前でパシャ
italia10
あさっては大分県日田市で、サンマルコ寺院楽長だったモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」を演奏します
というわけで、モンテヴェルディ先生のお墓参りしてきました。お墓は写真撮影禁止ですが、薔薇など献花されてましたよ
ステキな音楽をありがとうございます
italia13
こんな美しい水の都は芸術家をたくさん生むはずですね~
italia14
島の連なるこの街が芸術だわ~
italia15
最終日はフィレンツェ!時間がないので電車内は地図とにらめっこの勉強タイム
italia17
ジョットの鐘楼にがんばって登ったぞ~
italia20
階段地獄の途中でちょっと休憩
italia21
ドゥオーモのクーポラと空がキレイ
italia22
鐘楼は高いよ~
italia23
アルノ川もみえて感動!
italia24
あっという間の12日間でした
最後の締めくくりは「ジェラート天国に昇天marie
italia25
どうもありがとうございましたっ

イタリアでのレコーディング報告

16日の早朝無事に成田に到着 帰国しましたっ!
行き先がイタリアだっただけに、毎日ハプニングそしてドラマが展開
すばらしぃ。。。すべてオペラのように劇的本当に凄い芸術が生まれる気がする
だからイタリアってホントに魅力的
なかなかこちらの期待通り、計算通りに進まない
しかし・・・その分、天からのお恵みがやってくる
VIVA! ITALIA!

さてさて今回の旅の目的は「レコーディング」でした
お題は17世紀の鍵盤作品の金字塔
ジローラモ・フレスコバルディ「トッカータ集・第1巻」
この大きな作品集ですが、チェンバロ演奏部分は既に日本で収録済みです
フェッラーラ録音10
そしてオルガン部分をフェッラーラの17世紀のオルガンで収録するという、かなり大きなミッションでありました~
フレスコバルディの家1
フェッラーラはフレスコバルディが生まれた街です
フレスコバルディの家2
今も住んでいた家がある道は「フレスコバルディ通り」という名前になっています
フレスコバルディの家3
ここがお家だったそうですここからエステ城まで通ったのね~
その後、ローマの聖ピエトロ大聖堂のオルガニストになり、更に大出世をします
楽譜1615年
すぐ近くボローニャの楽器博物館には、1615年出版の「トッカータ集・第1巻」のオリジナルが展示されていました
フェラーラ録音1
そしてフェラーラにある聖フランチェスカ・ロマーナ教会にある1657年製のオルガンで演奏させていただけることになりました
フェッラーラ録音2
きちんとした修復もされていて、それはそれは状態も素晴らしい
涙が出るほど深く美しく優しい音が、スーッと教会に響き渡るのです
フェッラーラ録音4
3月半ばなのに今年は異常気象だそうで、イタリアとしてはとても寒い日々
教会は寒いので、10枚くらい着ていたんじゃないかしら?カイロ星人のようにべたべたに貼りまくっていても手先が冷えてくる…
フェッラーラ録音5
南イタリアもオレンジや桃が寒さで随分と被害にあってしまったそうです
教会のお隣がスポーツジムで、毎日、事故後のリハビリのため通っている、劇場勤めのおじさんが教えてくれました
いつもステキな笑顔で「がんばって!」って声かけてくれ、ワタシも「がんばって!」と声かけて…早く良くなりますように
フェッラーラ録音7
オルガンのパイプが鉛なのが、イタリアのオルガンの特徴です
ワタシがよく演奏する中世の楽器、オルガネットも小さいけれどちゃんと鉛ですだからオルガネットってちょっと重いのですけどね
フェッラーラ録音8
今回の録音でとっても頼りになったスタッフの二人
教会守のミカイ氏&エンジニアの小坂氏
ミカイさんは前歯が数本抜けてしまっているのがとってもお茶目でかわいいのに、写真には写したくないと言って残念ながら閉じちゃったのね~
いつも鼻歌がすごーくカンタービレで毎日違う歌を聞かせてくれましたやっぱり歌の国なのね~
小坂氏とすっかり仲良し
あれ?ファッションもなんか似てない?
フェッラーラ録音9
場所柄、モニタールームはこんな一室
ありがたや~~~っ
ジョルジョ夫妻
ミロ(彌勒)さんのご友人であるジョルジョ&ヴァレリアご夫妻はフェッラーラのバルダンツァ協会員で、音楽など文化を積極的に推進されていらっしゃいます。そしてこの教会の信者さんです。ドン・アンドレア神父さまに今回の録音の件をお話してくださって、本当にありがたかったです
おまけにステキな邸宅へお夕食に御招待してくださったり、世界最古の居酒屋「ブリンディシ」でディナーご馳走になってしまったり…ワ、ワ、ワタシがお世話になっているのにぃ。。。もう頭あがらないですっ
そして全ては、ジョルジョが信頼するフェッラーラ文化大使・彌勒忠史氏がいなければ成り得なかったこのプロジェクト
ちなみにこの写真ミロ氏撮影
フェッラーラ録音11
この録音がCDとして形になるのは来年かな!?これから編集など、まだまだ続くお仕事たっくさんですが、良い思い出と共にがんばります
たくさんの方々に支えられて、本当に素晴らしい勉強をさせていただきました。
録音終了後はアレルギー性鼻炎のせいなのか、なんなのか・・・と照れておりますが、人生すべてのことが本当に感謝に思え、まさに眼から大粒の涙がこぼれました
フェラーリ博物館
さてイタリア便りはまだまだです(上記、持病のアレルギー性鼻炎勃発で顔が腫れてますが、気分はご機嫌です
とっておきの写真を次回更新しまーす
to be continued...

北イタリアは大雪です

ルネサンスの街・フェッラーラが白いヴェールに包まれて・・・
イタリア雪1

「あ~翌朝はどうなっちゃうのかしら・・・」とちょっと心配
イタリア雪2

早朝、窓をあけたら・・・
イタリア雪3

ここフェッラーラでは珍しいほどの積雪だそうです
イタリア雪4

こんなスノーマンを発見しました
お鼻はニンジンだったょ
イタリア雪5
かわいいもの見ると心が癒されますね
厳寒のお仕事ですが、がんばるぞ~~~

日本も雪だと聞いていまーす
みなさまくれぐれもお体に気をつけてあたたかくしてくださいね

to be continued...

ボローニャの週末☆

北イタリアのフェッラーラに来ていますが、街ごとルネサンスそのままです
伊1
ここはそこらの道ですが
スーッとルネサンスのドレスを身にまとった女性が、普通にその辺の道ばたを歩いていても全く違和感ない~
イザベラ・デステやルクレツィア・ボルジアなど、素敵な女性がいたところですから、空気感にはエッセンスがいっぱい残っているでしょうね~

さて旅の目的については、ゆっくり次回書かせて頂きますね

平日は教会に籠っているのですが、週末はミサがあり、オルガンが使えません。
なので、ちょっと足をのばしてボローニャへ
6日(土)は快晴でしたっ
伊2
こんな電車でのんびりローカルな気分
あ・・タイツと同じ色だわ~

ボローニャでは楽器博物館へ
そして・・・
ルネサンス・ハープ
あ!いた~~~~!!!
これがワタシが持っているルネサンス・ハープ(2列のアルパ・ドッピア 別名ダブル・ハープ)のオリジナルです~っ!
感激の対面
伊3
このお部屋はオリジナルのハープ2台とコルネットがありました
伊4
おぉ!くねくね珍管楽器を発見ムフ
3月26日の近江楽堂では、このくねくねが大活躍の演奏会がございますょ~
伊5
あら~~!すごいサクバットも発見
怪獣の鳴き声ってこと?わ~!
3月27日の近江楽堂では、怪獣にはなっていない綺麗なサクバットで、宮下宣子さんのリサイタルがございますょ~
伊6
きゃ~!フレスコバルディのトッカータ集第1巻のオリジナルの出版譜もみつけました~
うれしぃ。。。

そして夕方にはボローニャの聖チェチリア教会で、演奏会へ
ご出演は・・・
伊7
この方々です~!彌勒忠史さんとチェンバロのシルヴィアさんでした~!
17世紀イタリアの宗教音楽のプログラムで、それはそれは心にしみいる美しい演奏会
一番前の中央には、イタリア鍵盤演奏家の大巨匠タリアヴィー二氏が・・・
メールラの「さぁ、眠りなさい」をとーっても気に入られて、アンコールに「もう一度!」とリクエストされてました~
伊8
彌勒さんはカウンター・テナーの歌手、そしてオペラの演出家、歌の先生、執筆家、イタリア語の先生・・・などなど、すごいたくさんお顔をお持ちですが、もうひとつ・・・
「フェッラーラ文化大使」というお仕事もされています
イタリアと日本の文化の橋渡し!
今回のワタシの旅も、実は彌勒さんの大使としてのお仕事のおかげで、ありがたいことにたくさんのご助力いただいちゃっております~
ボローニャやフェッラーラで、ミロさんはどこを歩いていても有名人みたいで、カフェやレストラン、劇場内など
「チャオ!タダーシ!」
と声かけられるお人です
そうそう!7月には上記のシルヴィアさんが来日して、横須賀で演奏会されるそうですよ~

to be continued...

350年前の響き♪

出発前のドタバタが過ぎてから
3日の夜 無事たどり着きました

長旅の翌日は・・・
聖フランチェスカ・ロマーナ教会
集中して演奏してます

それは・・・
聖フランチェスカ・ロマーナ教会2
ジャーン
それはイタリアの1657年製のオルガンなのです
泣けました

to be continued...

光の音と庭♪

ふぅ~今晩はきっと徹夜になっちゃうのかなぁ…
でも夜ってとても静か~ ワタシは好きなんです

それぞれの季節、それぞれの時間模様、温湿度の感触、光、闇…
すべては自然からの贈り物
みーんなプレゼントだから…感謝

皆さまへお知らせです
ワタシがこんな企画してみたいなぁ~と、夢描いていたことがあります
「自然を感じ、その時期にぴったり合うような音楽会してみたい!」

春は芽吹きあたたかな風と共に流れて

夏は溢れる光をいっぱい浴び

秋は優しく心の内に語りかけ

冬は静かな闇に祈りを捧げる

季節ごと4回シリーズで開催いたします
会場として選んだのは、壁2面大きな窓によって庭園が視界に広がり
鳥の声花や緑など自然を感じられるギャラリー鶉(じゅん)です
天井は高く吹き抜け見事な音の響きが体にかえってきます
プログラムは各季節に合わせワタシなりにセレクトしてみました
そして贅沢な空間でありたく各回30名限定です
皆さまに心地よいお時間を味わって頂ければ幸いです
下記にご案内させていただきます

*****************
「光の音と庭」
西山まりえ GALLERY 鶉コンサート・シリーズ vol.1

《このコンサート・シリーズに寄せて》
私たちはいつも宇宙のリズムの規則的な流れ中にあり、太陽系を大きく廻り動き、
そして回転する青い星・地球の上に生きています。
それは、日常ほとんど気づくことのないダイナミックなリズムであり、
また逆らうことなども決してできない絶対的なものです。
そしてこの星が少し傾いているという奇跡のために、
日本には美しい四季がめぐってきます。
このサイクルは自然界だけでなく、
きっと人間の体と心のバランスにも影響しているでしょう。
このシリーズは、四季の移ろいと時刻によって美しく変化する庭を目で楽しめ、
中世の教会のように響く「GALLERY 鶉」で年に4回開催されます。
そこに立ち会うのは、古代から何千年も人々に愛されている竪琴(ハープ)です。
中世の時代も騎士や貴婦人の嗜みだったこの楽器がナビゲーターとなり
昔の人々も存分に季節を楽しんでいた様子や、
彼らの心のうちを語りかけてくれるでしょう。
自然の恵みを音楽といっしょに体感できるよう、
一期一会のたいせつな瞬間、
少人数の皆さまと共有させて頂きたいと思います。

西山まりえ


【全4回、演奏会日時】

2010年7月4日(日)
夏至 ~中世イタリアの世界 溢れる太陽と光の中で

フランチェスコ・ランディーニ/
<至福> <純白の鳩> <かく物思いにふけり>
ヤコポ・ダ・ボローニャ/<私が不死鳥であったとき> ほか


2010年9月26日(日)
秋分 ~ルネサンスの恋模様 心を紡ぐ竪琴

タルクィーニオ・メールラ/<そう信じてしまうおバカさん>
アンドレア・ファルコニエーリ/<おお、美しい髪よ>
ジョン・ダウランド/<流れよ、我が涙> ほか
(この日はバロック・ハープ独奏のみ)


2010年12月12日(日)
冬至 ~冬の闇と光の希望 静かなる祈り

アルフォンソ10世編纂「聖母マリアのカンティガス」より
<薔薇の中の薔薇> <その大変な美しさゆえに> <聖母マリア、夜明けの星よ>
「モンセラートの朱い本」より
<乙女にして母なるマリアさまを> ほか


2011年3月6日(日)
春分~自然との調和 花と緑と恋の季節へ

ギョーム・ド・マショー/<あらゆる花々のうち> <薔薇も百合も春も>
フランチェスコ・ランディーニ/<春が来た> <甘美なる花> ほか


【開演時間】午後1時・4時開演 (各日とも2回公演・開場は30分前)
*終演後に茶菓子付きミニ・パーティー(無料)を行います

【出演者】西山まりえ (歌/ハープ/オルガネット)
共演:7月4日 アドリアン・ファン・デル・スプール(歌/リュート)
12月12日、3月6日矢野 薫(プサルテリー/オルガネット)

【会場】GALLERY 鶉(じゅん)
東京都豊島区目白2-8-1(JR「目白」駅・副都心線「雑司ヶ谷」駅より徒歩約6分)
*建築家・泉 幸甫の設計による「Apartment 鶉(じゅん)」は
2004年に日本建築学会の作品選奨を受賞しました
http://gallery-jun.jp/

【料金】(全席自由・各回30名限定)
単独券     5,000円
4回シリーズ券 18,000円

【チケットのお申込み・お問い合わせ】
西山まりえリサイタル実行委員会
e-mail: info.marieconcert@gmail.com
Tel/Fax 03‐5935‐6380 (斉藤・平日10~18時)

主催:西山まりえリサイタル実行委員会
協力:アントネッロ

光の音と庭1

光の音と庭2

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード