ハープ協会主催 「ハープを弾こう!」&マラソンおつかれ

急に寒ぃんだな~~
本日、東京マラソンご参加の方々は、雨も降ったり大変だったことでしょう!おつかれさまです
そして今日の都内、道路は封鎖&封鎖っ大変だ~
ワタシは築地・浜離宮朝日ホールのリハーサル室にて、日本ハープ協会主催「ハープを弾こう!」というイベントでレクチャー演奏会をさせていただきました
出番は夜7時からいや~危なかった
もうちょっと早かったら封鎖の道の中、ハープ担いで歩くことに!?
というわけで、とにかく道路が解除される16時半まで家でじーっと待機…
そして出発したのでありましたっ
道路は混乱もなく無事に到着よかった~

今日はノンペダル・ハープのお祭りワタシはノンペダル&ノンレバーだわ~
4時からはアイルランド音楽の守安御夫妻がレクチャーをされていましたょ
会場はすでに盛り上がった状態っきっと楽しい時間がいっぱい過ぎていたのでしょう
聴くだけじゃなくってたくさん演奏も参加されていらっしゃる方がいて、ノンペダル・ハープ万歳!の日ですね~

そしてワタシの出番です
ハープを弾こう1
今日は3種類、3台のハープをデモンストレーションしました
かわいいチビちゃんハープ(中世ゴシック・ハープ)から演奏
見た目はかわいいのに、音は渋くてパワフル そして繊細で古雅な響きでしょ!?
15世紀ボッシュ・モデルと言われております

こちらは2台目
ハープを弾こう2
ルネサンス・ダブル・ハープの登場
今日はフランスのルネサンス音楽を演奏しました
このハープ、じーんと特殊な色合いを持った不思議さとエレガントさを兼ね備えた音がしまーす
このオリジナルのハープに、実はワタシもうすぐ会えるかも・・・!?ワクワク

そして3台目はバロック・ハープ
ハープを弾こう3
イタリアっぽーーーーーい歌うハープです~
色っぽく艶っぽく、そして神秘的でもある17世紀のイタリア音楽より演奏いたしました
写真では3列ある配列についてお話中
この3台のハープは実はすべて弦の配列が違い、また弦幅も全く違います
うーむ。これは頭のリハビリになるぞ
あれ?ワタシったら内股ね~

ハープを弾こう4
皆さまにこれらのヒストリカル・ハープをご紹介できて、ハープたちもさぞ喜んでいることでしょう
おもしろくて魅力的な音楽、レパートリーもいっぱい宝物のようにあります
ぜひ、多くの方に聴いたり弾いたりして、親しんでいただければ幸いです

新譜♪2つの雑誌に掲載

ぽかぽか日和今日は根津神社に寄り、しばしお参りタイム
紅梅&白梅がかわいかったです~
こうして「咲いている花が美しい…」と感じられる。とても幸せなことです
神さまにじーんと感謝

さてお知らせです
昨年末に発売されましたワタシの新譜
「ドメニコ・スカルラッティ ~鍵盤の魔術師」 AMOE-10014
チェンバロ:西山まりえ
スカルラッティ西山まりえCD
今月20日発売の2つの雑誌に掲載されています~

1.「レコード芸術誌」3月号で《特選》になりました~
どうもありがとうございましたっ
レコード芸術3月号
たくさんの方からお祝い電話やメールをいただき、この場をかりて御礼を申し上げますっ

2.「モーストリー・クラシック」4月号でも、同上ディスクが掲載されております~
モーストリー4月号
ぜひ書店にお寄りの際には、覗いてみてくださいね

AMAZONから上記CDご購入はコチラ!

それでは別に公開
上記ディスクレコーディング現場の秘蔵写真です
スカルラッティ録音1
集中スーッと頭は18世紀マドリードの宮廷にタイムスリップ

スカルラッティ2
プレイ・バックして演奏チェック中もっすごい真剣

スカルラッティ3
お昼のランチが待ちどおしく・・・

スカルラッティ4
やっと来た~おいしいキノコのリゾットでした

大好きなソナタを集めたディスクです
ぜひお聞きくださいね

金沢で新しい体験いっぱい

春らしい風と香りの今日3月の足音が聞こえるようです
ワタシは先週末より、石川県金沢にいってきました初北陸体験
21世紀美術館内のシアターで、藤枝守氏の作品「植物文様」をゴシック・ハープとオルガネットで演奏
金沢1
これはリハ風景
演奏の前には作曲家の藤枝さんと鶴岡真弓さんの対談もありました
鶴岡真弓さんは古代ギリシャ人のようなとっても美しい方
書籍もとってもとってもおもしろくてステキな題材に溢れています
そして、その一つ一つに対し見つめられる目、宇宙の叡智のような知識は世界遺産級
ワタシいままでも多くのインスピレーションを頂いて、たいへん勉強させていただいております
そして作曲家・藤枝さんの「植物文様」は音楽の根源の美しさを、たった26弦のハープ、たった2オクターブのオルガネットで見事に表現されていて、演奏するワタシはその作品にすっかり魅せられてしまいました
現代音楽をこれほどたっぷりソロで演奏する機会のなかったワタシ
特にこれら中世の楽器では、いつも600年~800年前に亡くなった方々の作品ばかりを表現していましたので、いまここに!?作曲家が目の前にいらっしゃる!!!なんてことは奇跡のような体験
滅多にない気持ちでしたね~
ハッキリ申しますが・・・めっちゃくちゃ楽しかったですっ
素晴らしい作品との出会いって古今東西変わらず、たいへんに幸運なことなのだと思います
これが始まり。。。もっともっと学んでいきたいです

金沢21ゴシックハープ
中世ゴシック・ハープで「植物文様」演奏

金沢21オルガネット
こちらはオルガネットで

金沢21世紀塾いのちの文様
鶴岡先生&藤枝先生と

さて翌日は快晴
初北陸&文化の街・金沢ということで観光~
金沢2
おぉ!前田利家公でございます~こんにちは~っ

金沢3
あら~ん!サギ師にもお会いしました~

金沢4
これがよく雑誌や電車の吊り広告でみる金沢の風景ね!ひがし茶屋の町並み

金沢5
武家屋敷内では自然に「凛」となりま~す

金沢6
と一息。ティータイム
水がおいしいから珈琲も美味っ
この街はさすがに九谷焼が合う空気感なのですね~
あちこちで出合う加賀料理やお菓子にぴったりです
生麩入りのあんみつも激ウマでした

金沢7
金沢に感激し、勢いあまって寒中水泳っっっ

金沢8
知人に教えてもらった近江町市場内のお酒屋さんにて
美味しい地酒・奥能登の白菊などなど、なんだか凄そうな品揃え

デジカメの充電切れてしまい携帯電話のカメラでしたが、やっぱり撮っておいてよかった~
金沢また会う日までステキな街&たっくさんのステキな方々との出会いに感謝

日本ハープ協会主催レクチャー演奏詳細♪

あたたかいハーブティーがほっとするような寒い日が続いています
練習練習また練習・・・の合間に 香りがよいお茶&スイーツ
フルーツなんかも す~~っと落ち着けてくれる大事な癒しですね

アロマの香りも気分転換に最高
冬のお気に入りは「モミ」クリスマスツリーのモミの木の「モミ」です。
バスミルクもあって、バス・タイムも香りを楽しみながら温まります

たまには「食後酒」も
最近はこんな大人っぽーい愉しみを覚えつつ…これも香りがたまらない
いまお気に入りは「サンブッカ」以下、「サンブーカ・モリナーリ」のページより転載
*******
「サンブーカ」とは、アラビア語の「花の香り」が語源で、エルダー(和名スイカヅラ)の白い花や、リコリス、スターアニス、グリーンアニス、コリアンダー、オレンジの花などをスピリッツに浸漬した後蒸溜し、砂糖、水、スピリッツを加えて作った甘口のリキュールです。フィレンツェ近くのサンブーカ村付近特産のエルダー(スイカズラ科サンブークス属)を使って生まれたことから、「サンブーカ」という酒名になったとも言われています。
*******

アラビア語の「花の香り」が語源だなんてステキ~

はい!2月28日(日)のハープ協会主催「ハープを弾こう♪」の日
ワタシのレクチャー時間が大体決まったそうです~。6時から9時の間に行われます。
ハープ演奏のご参加の方も、聞く方でご参加の方も、まだまだ余裕があるそうなので、ドシドシご応募してみてね
締め切り過ぎていてもまだ大丈夫だそうですよ~よかったですね


♪ハープを弾こう!
ヒストリカルハープ・ノンペダルハープ勉強会
日本ハープ協会では初のペダルの無いハープのコラボレーション(勉強会)を企画致しました。プロ・アマ・愛好家を問いません。演奏したりお互いに聴いたり・・・と、一日を楽しく過ごしませんか?(聴くだけという方も大歓迎です)皆さんふるってご参加下さい。
◆参加楽器
アイリッシュハープ レバーハープ ヒストリカルハープ 民族ハープ etc.
◆お申し込み締め切り 演奏希望者2月15日  参加希望者2月25日
◆参加費       ハープ協会会員 2000円。 非会員2500円。
◆参加お申し込み
下記アドレスにご連絡いただくか、日本ハープ協会までファクシミリでご連絡下さい。
メール lever-harp@shonan-sound.net
日本ハープ協会 FAX番号 03(3448)9849

レクチャーもあります。
◆アイルランド音楽についての守安功さんのレクチャー
◆ヒストリカルハープについて西山まりえのレクチャーコンサートは18時から21時の間です

2010年2月28日(日)午後2時~9時まで
場所:浜離宮朝日ホール内・リハーサル室
(都営地下鉄大江戸線・築地市場駅A2出口より3分)
※出演希望者多数の場合は後日選考の上、ご連絡させて頂きます。ご希望に添えない場合もございますがご了承ください。
※会場には専用の駐車場がありません。搬入後に近隣の駐車場をご利用いただくか、タクシー・地下鉄などでお越しください。

参加ご希望の方は
お名前・ご連絡先(電話番号またはメールアドレス)
また、ご出演希望の方は楽器名・曲名・プロフィール(アンサンブルの場合は共演者
など)をお書き添えの上、メール・ファックスにてご連絡下さい。
皆様の参加・申し込みをお待ちしております。

日本ハープ協会、ヒストリカル・ノンペダルハープ委員会
菊地恵子・八木健一・宮原真弓
お問い合わせ lever-harp@shonan-sound.net FAX 03-3448-9849
http://www.harp-japan.com/

スペインからCD完成のお知らせ♪

雪がチラっと舞うような今日このごろ
そんな中、猛暑の中でレコーディングしましたCDが完成しましたよ~
selma anthonello
2008年8月アントネッロはスペイン、マドリード近郊グアダラマでレコーディングしてきました
このCDジャケットやブックレットに載っている写真は、この録音のあとバレンシアから近いペニスコラという街で音楽祭に出演したときの写真です
海沿いの街で、江ノ島のようなところのテッペンに中世のお城があるんです
演奏会場はそのお城の中の海がすぐ下にみえる大きなバルコニー
演奏中に地中海の風が頬をなでてくれる・・・
最高に気持ちよかった~
そんな思い出のセルマ作品集ディスクです

以下、アントネッロコンサート事務局よりお知らせきましたので、掲載いたしまーす
*********
アントネッロ最新CD 『バルトロメオ・デ・セルマ作品集』先行発売!

ポルトガル人リコーダー奏者のアントニオ・カリーリョさんと、
日本での共演でおなじみのギター奏者ラファエル・ボナビータさんをゲストに迎え、
スペインの作曲家セルマの作品だけを、スペインにて2008年夏に録音したCDです。

店頭一般発売(時期、価格ともに未定)に先立ちまして、皆様からのご注文を
「アントネッロ・コンサート事務局」にて承ります。
ぜひお手に取ってお聴きください!

『バルトロメオ・デ・セルマ作品集』(西・Enchiriadis 2009/EN2025)

<演奏>
 濱田芳通(リコーダー)
 アントニオ・カリーリョ (リコーダー)
 ラファエル・ボナビータ(バロック・ギター)
 西山まりえ(チェンバロ)
 石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

<曲目>
 バルトロメオ・デ・セルマ作曲
   カンツォン、バレット、草原と丘、スザンナパッセジャータ など
(※輸入版のため、ブックレットは西、英、仏語のみとなります。)

1枚 2200円 (オープン価格、税・送料込み)

<ご注文方法>
①メールにて anthonello.concert@gmail.com まで
下記の内容をお送りください。
○ご注文枚数
 ○お名前
 ○郵便番号、ご住所
 ○お電話番号
 ○メールアドレス
  (返信の際に文字化けすることがありますので、必ずご記入ください。)

②事務局より、代金合計とお振込口座のお知らせをご返信します。
(クレジットカード、現金書留でのお支払いはお受けしておりません。)

③代金お振込みを確認後、メール便もしくは郵便にてCDをお送りします。

皆様からのご注文をお待ちしております!
<CDに関するお問合せ先>
アントネッロ・コンサート(月~土 10~18時)
Tel. 03-5685-2725
anthonello.concert@gmail.com

ハープ関連のお知らせを3つ☆

いちど暖かくなった~と思ったら・・・寒いっ
みなさま、どうぞ体調管理にお気をつけてくださいね
ワタシも手の冷えや乾燥など、気をつけて暮らしております。
でも日常の暮らしに手は必須
こんな素晴らしい道具を神様はくださって、本当に感謝です

さて!お知らせ

1.音楽之友社「STEREO」誌2月号
ワタシの昨年リリースしました「バロック・ハープとの出会い」AMOE-10010 が、
「2009年のベスト5ディスク」(福田雅光氏より)に選ばれました~
バロック・ハープとの出会い 西山まりえ
良質な音でバロック・ハープの表現を録音し、それを伝えるのはとても難しいことだと思いますが、とても新鮮な響きで小さな音量の表現までも優しく届きます。
エンジニア:小坂浩徳氏 ありがとですっっっ
AMAZONはコチラ!

ちなみに、ママちゃんのディスク「ユーモラス・トビー」AMOE-10012 も、石田善之氏よりベスト5に選ばれておりますっ!
昨年度「レコード・アカデミー賞・録音賞」につづき、優秀音質の「賞」に輝きまくっております
同じくエンジニアの小坂浩徳氏 おめでとでございますっっっ

ぜひぜひ、みなさまご一聴くださいませね~

2.はいっ!演奏会のお知らせ
金沢ってステキなところのようですね。実はワタシ、まだ行ったことないんです
なので、そんな古都で琴(竪琴)演奏できるなんて、とっても幸せ&たのしみだな~
演奏曲は藤枝守氏作曲の「植物文様」より
自然の摂理の永遠の輝きと偉大さ、そして優しさと雄大さを語るような、美しい響きの作品です
中世ゴシック・ハープの演奏会をおたのしみください

2010年2月20日(土) 16時開演
【いのちの文様】会場:金沢21世紀美術館シアター21
第1部:トーク 出演 藤枝 守&鶴岡真弓
第2部:演奏 出演 西山まりえ(中世ゴシック・ハープ)
曲目《植物文様 ハープ・コレクション》から(藤枝守作曲)
http://www.kanazawa21.jp/

チケット料金 前売¥1500/当日¥2000(全席自由・1ドリンク付)
チケット取り扱い:金沢21世紀美術館ミュージアムショップ Tel. 076-236-6072
チケットぴあ Pコード[Pコード:615-716] http://t.pia.jp/ Tel. 0570-02-9111
主催・お問合わせ:金沢21世紀美術館 Tel. 076-220-2811

3.はーいっ!ハープ女学園生徒さんにも注目のお知らせです
以下のようなイベントがございます
よろしければご参加ください。締め切りが迫っているみたいで、お知らせ遅くなってごめんなさい~尚、ワタシのレクチャーのお時間など、詳細がわかりましたらまた追ってお知らせいたしまっす

♪ハープを弾こう!ヒストリカルハープ・ノンペダルハープ勉強会
日本ハープ協会では初のペダルの無いハープのコラボレーション(勉強会)を企画致しました。プロ・アマ・愛好家を問いません。演奏したりお互いに聴いたり・・・と、一日を楽しく過ごしませんか?(聴くだけという方も大歓迎です)皆さんふるってご参加下さい。
◆参加楽器
アイリッシュハープ レバーハープ ヒストリカルハープ 民族ハープ etc.
◆お申し込み締め切り 演奏希望者2月15日  参加希望者2月25日
◆参加費       ハープ協会会員 2000円。 非会員2500円。
◆参加お申し込み
下記アドレスにご連絡いただくか、日本ハープ協会までファクシミリでご連絡下さい。
メール lever-harp@shonan-sound.net
日本ハープ協会 FAX番号 03(3448)9849

尚、ゲストとして
◆アイルランド音楽の世界 守安 功さん
◆ヒストリカルハープについて 西山まりえさん
お二人によるレクチャーコンサートもあります。

2010年2月28日(日)午後2時~9時まで
場所:浜離宮朝日ホール内・リハーサル室
(都営地下鉄大江戸線・築地市場駅A2出口より3分)
※出演希望者多数の場合は後日選考の上、ご連絡させて頂きます。
ご希望に添えない場合もございますがご了承ください。
※会場には専用の駐車場がありません。搬入後に近隣の駐車場をご利用いただくか、タクシー・地下鉄などでお越しください。

参加ご希望の方は
お名前・ご連絡先(電話番号またはメールアドレス)
また、ご出演希望の方は楽器名・曲名・プロフィール(アンサンブルの場合は共演者など)をお書き添えの上、メール・ファックスにてご連絡下さい。
皆様の参加・申し込みをお待ちしております。

日本ハープ協会、ヒストリカル・ノンペダルハープ委員会
菊地恵子・八木健一・宮原真弓
お問い合わせ lever-harp@shonan-sound.net FAX 03-3448-9849
http://www.harp-japan.com/

フィリア☆ゴルトベルクの一夜

立春を過ぎ、風がいっぱい吹いて…
でも、まだまだ寒さは続いていますね

さてさてリサイタル終了のご報告です
フィリア西山まりえ
2月6日(土)青葉台 フィリアホール
土曜ソワレシリーズ【女神との出逢い】
西山まりえ チェンバロ・リサイタル 終了

オールJ.S.バッハの一夜
インヴェンションより 7,3,4,1,2,8番
イタリア協奏曲
ゴルトベルク変奏曲

というプログラムでございました~

フィリアホールには初登場させて頂きましたが、とてもきもちのよいホールですね
そして、たくさんのお客さまとの静か&熱いコンタクトの中での演奏でした
そして!まるで「皆さまも音楽だわ!」と感じたほど、あたたかいエネルギーに満ちた拍手に心から感謝でした
新年を過ぎて気持ちもあらたに!音楽と愛をよりたいせつにしていきたいと思います

さて本番のPHOTOはないですが、【裏】フィリア・デーを公開します

朝・・・
フィリア2
楽屋に入って、ジーっと集中
ヘッド・フォンはAudio-technica製のノイズ・キャンセラー機能付き
腕には、最近お気に入りのアルパカのアーム・ウォーマーしてます
やわらかくてあたたかくて気持ちいいの

さ~っ リハはじめるゾ
フィリア1
このチェンバロはワタシ愛用楽器

フィリア3
響板にはバロック調の絵が描かれています
NY在住パメラ・グラッディングさんが描いてくれました

500名入るホールは、チェンバロとしてはMAXかもしれません
フィリア4
しかしスケールの大きいこの一夜の素晴らしい作品を演奏すれば、そんなことも忘れて集中できるのです
そしてフィリアではとっても良く響いてくれました

この日は、上下の鍵盤を行ったり来たり大忙し
フィリア5
この2段鍵盤チェンバロのため、バッハ自身が両鍵盤使うよう指示しています

あら~大掃除?
フィリア6
いえいえ舞台はすでにキレイでしたが、実は乾燥避けのために舞台を水で浸しました。
この季節は乾燥が激しく、湿度5%以下になると楽器が悲鳴をあげるので、スタッフの皆さまにご協力いただきました
ありがとうございました~
おかげで舞台の檜がとってもいい香り まるで温泉気分

・・・というわけで本番は無事に終了
旧新年明けとてもありがたいスタートになりました
そして皆さまにたくさんの幸せと希望の光が訪れますよう祈りを込めて

こちらサイン会風景
フィリア7
CDが完売してしまったそうです
本当にありがとうございました~
あたたかなお言葉をたくさんいただき、涙でそうでした

先日会ったお友だち
フィリア8
ひーちゃん&みきちゃんプラスお嬢さんの真有ちゃんもご来場くださいました


では~っここで特別公開フォトですっ
いつもいつもたくさんのサポートと熱い応援してくださる皆様へ
日頃の感謝を込めて!
前半が終了、そして休憩中のワタシの様子でございます
じゃ~ん
フィリア9
60分弾きっぱなし後半ゴルトベルク直前はこんな風でした~
さって~!次は金沢いくゾぃ

新しいゴルトベルクがやってくる☆③

今夜も東京は雪がチラチラ
節分の豆まきは雪といっしょに舞う~
そういえば冬を感じながらも、今週届いた「らでぃっしゅぼうや」の旬の野菜の中に「菜の花」が入ってました
なので旬のホタルイカ&菜の花のおいしいパスタが今晩のディナーでした
春の足音が聞こえるのももうすぐかな

そうそう今日はガンバのママちゃん
石川さんのバースデーですおめでとっ

そんなママちゃんファミリーみんな聞きにきてくれる!というリサイタル
2月6日(土)フィリアホールのチェンバロの一夜ですが、
今日は6日に演奏予定のゴルトベルク変奏曲についてちょっと秘密公開。

バッハ・シリーズのCDをリリースすることになって、ゴルトベルクもレコーディングしました。
ずっとずっとバッハはライフワークになりそう、というかもう謎解きだらけで因数分解のようです
中学生のとき「因数分解の女王」と呼ばれたこともある
もっすごい好きでした
そして さいんこさいん・・たん・じぇ・・ん・・と・・・・
からす~~~っかり数学と縁遠くなるんですけどね
話がそれそうですが、とにかくパズルみたいなのがダイスキなのです。
このゴルトベルクもいつ何時どこ考えても、ドンドン新しい謎解きが湧いてくる
というわけで、すっかり昔の演奏とは変容しているかもです
今回もたっくさん新しい発見ありましたが、ここだけの話。
特に大きく影響しているかも、と思うのは
古代ユダヤの数秘術「カバラ」です。

カバラ
バッハはカバリストだったらしいです。
古楽界ではカバラについて知っている人もいます。でも、これって単なる占い扱いだけにおさまりきらないんですよ。
カバラとは大変に奥深く書籍を集めれば膨大な数に及び、また一冊一冊がブ厚い
読むだけで腕が腱鞘炎になりそ~
しかしカバラはハマるともう抜け出せないほど究極の真実味を感じてしまう

数といえば「ひふみのりと」といって数える祝詞(のりと)もあります。超古代から伝えられたもの。
そんな古代の叡智、数の意味(数霊)がもしゴルトベルクにも・・・。

たとえば同度から9度まで3曲ごとに置かれたカノン
この数字をカバラで解釈すると・・・
・・・もっともっと書きたいけれど、このお話はとっておくぞ~!

なんていう裏話公開でした!
ぜひお楽しみに~

フィリアホール 土曜ソワレシリーズ2010《女神(ミューズ)と出逢い》
西山まりえ チェンバロ・リサイタル

2010年2月6日(土) 18時開演
会場:青葉台フィリアホール
(東急田園都市線青葉台駅前 青葉台東急スクエアSouth-1 本館5階)

プログラム:J.S. バッハ作曲
2声のインヴェンションより
イタリア協奏曲 BWV971
ゴルトベルク変奏曲 BWV988

S席:¥4.000 A席:¥3.000
お申し込み・お問合わせ:フィリアホールチケットセンター
Tel. 045 (982) 9999


WEBページはコチラ
フィリアホール 西山まりえチェンバロ・リサイタル

新しいゴルトベルクがやってくる☆③&雪

都内で積雪っ
初雪2010
チェンバロにも雪みせてあげたぞ~
白い世界。。雪国ではない東京が、しんしん静まりかえる夜ですね。

そして2月6日(土)が近づいてきました~
今度はイタリア協奏曲も演奏します
CDにも録音してますが、その時よりもっともっと愉悦感に満ち、あたたかな光の放射と深くゆらぐ水の流れのように感じる、今日このごろです
そんなワタシのイタ協(イタコン)どうぞお聞きくださいね

演奏予定の「ゴルトベルク変奏曲」については超近日中に更新しまっす

フィリアホール 土曜ソワレシリーズ2010《女神(ミューズ)と出逢い》
西山まりえ チェンバロ・リサイタル

2010年2月6日(土) 18時開演
会場:青葉台フィリアホール
(東急田園都市線青葉台駅前 青葉台東急スクエアSouth-1 本館5階)

プログラム:J.S. バッハ作曲
2声のインヴェンションより
イタリア協奏曲 BWV971
ゴルトベルク変奏曲 BWV988

S席:¥4.000 A席:¥3.000
お申し込み・お問合わせ:フィリアホールチケットセンター
Tel. 045 (982) 9999


WEBページはコチラ
フィリアホール 西山まりえチェンバロ・リサイタル

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード