朝日新聞に掲載!

お盆ですね^^!


去年とおととしは、なぜかいつも夏はヨーロッパで演奏旅行でした。
ポルトガル、スペイン、フランスはそれぞれキャラ違いの
夏を楽しみましたねー。
でも、オランダは夏がないのね。。
寒すぎて死にそうになったっけ!!!
いつも雲に覆われ、小雨。
部屋には暖房・・・。
慌てて革ジャンとブーツ買った!

今年はドップリ日本ですっ!!!
枝豆おいしい♪
夏野菜おいしい♪

さてさて、今晩の朝日新聞夕刊。
新譜「バロック・ハープとの出会い」のCDを推薦して頂き、掲載されておりました~!
ありがとうございました。
ステキなコメントもいただき、とてもうれしぃです☆
ぜひぜひ、皆さまお聴きくださいませー♪

初!中世おたのしみクラブ

スイスに留学したとき。学校でまだ、右も左もわからないような新学期のこと。
そのときはまだ語学ができなかっただけに、必要以上に疲れるのでした・・・。ふぇ~。
みんな、大事なこと言っているのかな!?理解しなきゃ!って、常に頭はフル回転。
なので、家に帰るともうグッタリ。
そんなとき、14世紀、中世イタリアの作曲家。
フランチェスコ・ランディーニの楽譜が大活躍!
とにかく喉がガラガラになるまで、彼の作品を歌うのです。
そうすると、疲れも吹っ飛んで元気になりました。
チェンバロとハープ、2つの楽器だけでもいっぱいいっぱいの時だからこその趣味感覚★
中世のLove Song 達でした。
まさか帰国後の私が、演奏会でそれらを歌う・・・だなんて、考えたこともなかったけど。

学校でだんだんお友達ができてから、いろんなアンサンブル毎日良くやりましたね~。
バロックやルネサンスだけでなく、中世もの音楽も。
もしチェンバロだけしか弾けなかったら、出会えなかった人いっぱいいたな。
そして元気のパワーをくれた、大切な中世の音楽にも、縁が薄かったかも・・・。
いや、ホント楽しいのですよ。。。中世。ステキなの。

だから、帰国後、ぼんやりと考えていることがありました。
なかなかね。中世の音楽に触れる機会ってないのょ。。。バロックとかやっていても。
音楽史とか、記譜法の読み方とかね、資料読んでもね。。。
もっとその音楽を実践する機会っていうか、「楽しいっ」て思えるチャンスが少ないみたい。
ちゃんと講習会とかやっていらっしゃる団体もあるんですよ。
でも知らなかったり、なんとなく入りにくいのかな!?
164L1.jpg

音大でね~~~。「ランディーニ終止」って習いました。
音楽史上、とても大事なカデンツァの方法なんですわ。
でもさ~~~~。みんなこの終止を、実際に演奏してみて、わ!感動!!!まで行かないと・・。
どうも意味ないような気がする。そういう事柄、知っていて、、、で、なーに?みたいな。
そうじゃないと、ランディーニさんが浮かばれないんじゃないかな~。

なんていうこと、一つ一つ例に出したら、そりゃもうキリがないわ!
音楽の歴史なんて、知られているだけでも○千年・・・ですからーーー。

で、とりあえず。。。ずっと夢があったけれど、それを実践する機会がやってきました。
題して、

「中世おたのしみクラブ」

という、ベタなネーミング。
だはは。結構、気に入っております♪
サークルや部活のようなノリで、ワイワイ楽しく中世の音楽やってみよう!っていう会です。
ずっとやってみたかったの。。。

こんな募集内容を、まずは近しい生徒さんがたにのみ、メールで流しました。
*********
【中世おたのしみクラブ】開催のお知らせ
今回のテーマ:フランチェスコ・ランディーニの音楽
内容:とにかくやる(演奏する~)。実験する。たのしむ。
部長:西山まりえ 副部長:矢野薫
日時:2009年8月1日(土)&2日(日)の2日間
両日とも13時から17時まで
限定5名
*********
内容が劇的にマニアっぽいだけに、一応、5名限定でしたが、集まるかどうか・・・謎でした。
とにかく実験って感じ。
するとですね・・・。
いや~^^、ホントに申し訳ない事態になってしまったのです。

7月のある土曜日、朝10時から、メールでのお申し込み受付いたしました。
んで、10時05分より前には、既に5名という定員に達してしまいまして、、、
そのあとも続々とお申し込みが続いてしまいました。。。えええっていうほど。
せっかくご興味をお持ちくださった方々、本当に申し訳ないですぅぅぅ。(涙)
副部長曰く
「チケットぴあ並みです!」

で。その最初の5名の方々はすごかったっス。
申し込みの瞬間を、それぞれ語ってくれました。

「電波時計をじっと見ながら、10時ジャストの瞬間を待っていた。」
「会場取りで鍛え上げた、時間ジャスト申し込みの腕が鳴った。」
「10時22秒に送信した甲斐があった。」
「文章の校正などはもう諦め、とにかく送信してしまった。」
「携帯メールから送ろうとしたら、その瞬間になぜかアンテナが立たず、家中走り回った。」
など。

泣けます。。。
5名より、もっと大勢のほうがよいかもしれないけれど、でも。。。

一人一人と意思疎通しながら音楽をするのには、5名が限界でした。
空き時間がありすぎると、人間は誰でも絶対飽きてしまったり、余計なこと考え出したりするのです!
そんな余裕は・・・ぬゎゎゎわ~~~いっ(無い)!!!
目的は楽しむこと!ですからね☆

というわけで、8月1日&2日。
初!「中世おたのしみクラブ」があったというわけです。
すごかった。
みんな、結構いけちゃうの!!
今回のテーマのランディーニ。美しく楽しく、官能的で、お品も良く。
すばらしかったです。

IMG_3273.jpg
会の最後に、仕上げ演奏。
初めて歌を披露される方もあり。2日間で劇的な上達でしたが、終わったときには瞳孔が開いていたような・・・。
矢野副部長からは
「目が飛び出ていました。」
との目撃談。
あまりに始めてのことばかりで、脳への刺激が多すぎたらしい。
それから、中世の歌は初めてという方も、このランディーニの良さをどっぷり体感してくれたご様子。ハマっておりましたよ☆

IMG_3282.jpg

NHK名曲アルバムでも流れたという作品。
ランディーニ作曲「眼には大粒の涙」を熱演!
この美しい作品を、心から感動してグラグラさせながら演奏してくれました~♪

IMG_3291.jpg

足りない声部に私も参加!
美女だけによる!?「わが愛しの人よ」という作品を発表。
いや~~~~!マジでいい曲ーん。。。
自分で感動。じーん。

IMG_3293.jpg

見よ。この矢野副部長の可愛らしいお姿。
赤ちゃん(ゆーくん☆)生んだママのはずだが、赤ちゃんがオルガン弾いてるみたい!?
ん?うしろに天使もいるな。

IMG_3295.jpg

2日間、びっちりの厳しいサークル活動!?おつかれさま!
どうやら、今回のメンバーで「グループA」が出来上がったらしぃ!?

::::::::
今回、残念ながらいっしょにサークル活動できなかった方々へ。

できるだけ近いうちに、必ず時間を見つけます!
そして、新規メンバー(グループB!?)を募集いたしますよっ!!!
「中世おたのしみクラブ」は全員参加型!
ぜひ、いっしょに中世の音楽やってみましょ~♪

リコーダーの夏祭り

今年の夏、リコーダーのお祭りがありましたょ!
土日の2日間に渡って、上野・東京文化会館小ホールにて。
わたしはアントネッロの濱田監督!のアンサンブルとして参加いたしました~。
この2日間、たくさんのリコーダー奏者の方々が、代わる代わる吹くんですよ。
朝から晩までぎっちりとスケジュールが決まっている、この日の小ホールでした。

IMG_3261.jpg

7月26日の日曜日。
私たちは出番直前のお昼、ちょこっとだけ場当たりのリハです。
あとは運を天に任せて・・・。

IMG_3253.jpg

リハのときは、だーれもいないホール。
ところが・・・
この数十分後には、小ホール約600名のお客様が満員になるのでした~!!

リコーダーって、皆さまにとっても愛されているのね♪
夏祭りに参加できて、とてもうれしかったです。
みなさん、きっと益々リコーダー好きになったことでしょう。
ステキですね☆
そうそう。ロビーでは、大分県のリコーダー奏者の奥様方にもお会いいたしましたっ!
全国リコーダー万歳~~◎

IMG_3265.jpg

そして・・・本番直後、2階のレストランにて、雑誌「CDジャーナル」のインタビューが!
はいっ!ハープのCDに続き、出ちゃいますよー。
2枚も。。。
詳細はまた後日♪ 裏情報!?書かせていただきます~!


プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード