FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレスコバルディに帰る

私がアントネッロに参加するようになって
ながーーーーーい!年月が経ちました。
まだ学生のときからですからね。

最初のセッション。
古楽やっている演奏家さんで、すごく爽やかで音楽が活き活きしていて
とにかく!いっしょに演奏させて頂くとかっこいい爽快感がある。
そんな濱田さん、石川さんでした。

ちょうど石川さんはお腹が大きかった頃。
いまお嬢さんは、すっかり私よりも背が高い・・・。

そんなとき、私は17世紀のイタリア。
天才の鍵盤奏者だったと言われる人の作品に出会いました。
それがジロラモ・フレスコバルディです。
同じ時代の鍵盤作曲家の作品もどれもかっこよすぎました。
もう絶対、これ勉強したいっ!!!

って思いました。
そしてすぐにピアノを売ってしまいました。。。
チェンバロの生活になったのです。
思い残すことはありませんでした。

だって、あまりに魅力的だったから。

バッハ以前の作曲家がこんなにスゴイとは!!!
これ知らずして学生やめられない・・・。
とか思って、私の長い学生生活はずっと続くのです。

バッハへの道のり。
始まったばかりの15年前。
ローマの教会に眠るジロラモ・フレスコバルディのお墓。
その前で、ポヤ~~~~~っとした顔しているのが私です・・・。
目つきがぼんやりしてますねぇ。。。

SCN_0001.jpg



今でもバッハへの道のりの人生は変わっていない。
固執していたわけではないけれど、やっぱり気がつけば続いていた。
バッハ主要鍵盤作品全曲録音がいまの私の大きな仕事でもある。

そして、ずっとずっとリハーサルや本番を重ねたスタジオ。
千駄木にある鷹羽スタジオがいよいよ取り壊しになります。
思い出のたくさんある場所。
ここで育てていただきました。
感謝でいっぱいすぎて、ただもう・・・涙です。

ここを建ててくださった濱田さんのお父さん。
天国に向かって「ありがとうございますぅ!」
私をずっと見守ってくれた濱田さん、そして真理さん。
千駄木3丁目に向かって「ありがとうございますぅ!」

いよいよ鷹羽スタジオ。卒業になりました。

4月10日の金曜日。
ここでわたし。原点に戻ります!!!
フレスコバルディだけの一夜。
イタリアのチェンバロで、ストイックにいきます!!!

やるぞっ。

HEART-------------------------HEART

2009年4月10日(金) 19時15分開演(18時45分開場)
ファンキー・オープニング・ライヴ!第1夜
西山まりえ チェンバロ・リサイタル

『マリエッタ・アッラ・イタリアーナ
ソロ!フレスコバルディ!』

イタリア鍵盤音楽の始祖、17世紀ヴァチカンで人々を熱狂させたジローラモ・フレスコバルディだけのプログラム!まさにファンキー・ライヴならではの選曲。他では絶対ありませんよ~!魔性の鍵盤音楽が、初期バロックを得意とする西山まりえによって21世紀に蘇る瞬間です。さぁ~!ドップリ聞いてしまいましょう!

プログラム:
ジローラモ・フレスコバルディ作曲
トッカータ第1番
ロマネスカのアリア上による14のパルティータ
トッカータ第5番
パッサカリア上の100のパルティータ など

<予約制~入場料> (各回50席限定、ドリンク・サービス付き)
 1公演 4,000円
 5夜連続券  15,000円
 4夜セット券 13,000円
 3夜セット券 10,000円
 2夜セット券 7,000円

<ご予約、お問合せ先>
アントネッロ・コンサート
  03-5685-2725 (月~土、10~18時)
 anthonello.concert@gmail.com
スポンサーサイト

名古屋で響く笛の楽園

なんとな~く 太陽の光が春っぽくなってきましたね♪
まだ気温は寒いけれど、少しずつ季節が変わっていくのが感じられます。

ただ、花粉症の方は、とてもお苦しいご様子で・・・。
早く楽になられるとよいですね。お祈りしてますっ!
気休めかもですが、ペパーミントやユーカリなどのハープは気持ちがスッキリしちゃうかも。
ぜひ機会ございましたらお試しくださいね。

ちなみにワタシは体弱いので花粉症っぽく思われるようですが、まだデビューは飾っておりませぬ。。。


さてさて、先週末は名古屋に行ってまいりましたっ!
名古屋の宗次ホールでアントネッロ公演です。
むねつぐほーるって読むのですよ♪
カレー屋さんの「COCO壱番屋」って皆さま、ご存知でしょーか?
こちらの社長さんは、この宗次ホールのオーナーさんでもあるのですぅ。
そして、お名前が宗次さんです。
なんとお客様が会場にいらっしゃる際には、オーナーさんが券をもいだり・・・と、直接皆さまをお出迎えされていらっしゃいまーす。

そして会場の響きは、ホントに最高。
最高すぎちゃって、もうどーにでもしてって感じです!

IMG_7952a.jpg


濱田監督はベルギーからお帰り直後、時差ぼけの渦の中。
リハーサルは眠そうでかわいそうでした~ん。
なので本番直前、お疲れモードの石川ママと濱田監督のためコンビニに走り、健康ドリンク購入してきました。
効いたみたい!よかった。

IMG_7969a.jpg


ワタシは宿泊先の朝ごはんをしっかり食べて、ご機嫌。
しかしリハーサル中に、突然ハープのソロ曲が増えることが決まりました・・・。
たまたま譜面があったからよかったですけどね。
っつうか、練習は1回通しただけじゃ~~~んっ!!!時間なーい。むむ~。
もー、まさにどうにでもなれーーぇっ!!きゃん!



今回のお題は「笛の楽園」。
オランダの作曲家、ヤコブ・ファン・エイクの作品です。
笛がいっぱい大活躍!
そんな笛と合わせるハープは、弾いていてとても楽しいです。
楽園っていいな~~~。

終演後、たくさんのお客様とサイン会にて交流させていただきました!
CDもいっぱいご購入くださいまして、本当にありがとうございます。
そしてあたたかいお言葉に、心から感謝っ!きゅーん!
ポスターを前に記念写真でーす。(写真提供はHム子さん)

090307_1726~01



終演後は、名古屋在住サックバット奏者のご夫妻、角田さんたちと手羽先三昧!
そしてゆっくりお茶を飲み、帰りの新幹線に乗りました♪

IMG_1834.jpg


そうそう!今年はたくさん名古屋に参りますよっ!!!
7月20日はバロック・ヴァイオリンの天才ご夫妻、戸田薫さんとパウル・エレラさんとの共演。こちらは宗次ホール。
そしてそして!!
9月25日には私のチェンバロ・リサイタルです!オール・バッハのプログラムでーす!
こちらは名古屋電気文化会館でっす!こちら、チェンバロの響きは最高中の最高のホールです。
名古屋にはいいホールがたくさんありますね。ステキです。楽しみですっ!


プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。