カテドラル大聖堂っ!

何年、何十年??と長くお付き合いさせて頂いています
合唱団の「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」

東京と北九州に団員の方がいらっしゃいます。
そして1月23日(金)の演奏会ではいっしょに力を合わせて!

今年はおそらく・・・団員さんの4分の3が風邪を引いていたのでは?
そんな中、厳しいリハーサルを乗り越え、本番も見事に!

いや~~~!すばらしい。。じーん。(涙)

そしてワタシ、素晴らしく風邪が移りました・・・。ゲホォ!!!
ウィルスをナイス・キャッチでっす~~♪
ガンバのIさん、歌手のKさんにも移っちゃったよぉぉぉ。。。(泣)

というわけで、すっかり更新遅れてしまいました~。

さてさて、もう目白のカテドラル大聖堂は、神聖な空気がバシバシ!
合唱のみなさんもリハーサルの段階からこの気迫っ!!

IMG_0415.jpg


ジョスカンのミサを骨のまま演奏するだけではなく、
骨格から肉感をつけて蘇させるのは、もちろん指揮者のH先生の凄腕による!
はい。いつも感服なのです。

IMG_0422.jpg


途中で合唱団のソロもあり。益々起伏に富んでジョスカンて!なんてかっこいいの!
それぞれの方々の魅力的な個性溢れる声が、ステキ。
合唱も、それぞれ全員の個性が最高潮に真剣に調和するから、とてつもないパワーに。

IMG_0480.jpg


あー。マリア様。
今年も心に残るステキな思い出が、きっときっと刻まれますよね!
本番が楽しみでたまらない。

IMG_0491.jpg


さて!!本番!!
うーん!相変わらずヴォーチェって人気の合唱団なのね!
お客様いっぱい。
張り詰めた美しい空気感が写真にも伝わっています。

IMG_0497.jpg


それぞれの人みなが、主役だからこそできる。この音楽による宇宙感です!

IMG_0506.jpg


天上にのぼってゆく音の渦。
ルネサンスの時代にこんな作品残してくれてありがとうございます!
ジョスカン・デ・プレさん!!

IMG_0520.jpg



そーそー。風邪にはやっぱり生姜!ネギ!わさび!薬味がいいですぅ。
でも・・・どうしてもはずせないの甘いもの。
今はゼリーです♪

あ。発表会前にレッスンお休みしちゃった生徒の皆さまぁ!
ホントにごめんなさいですぅ。

でー!!
今度の日曜日には、アントネッロ3人濱田、石川、西山の生徒による発表会がございます。
ご来場くださいましたお客様に投票していただく聴衆賞もありまーす。
どうぞご都合よろしければぜひご来場くださいねん。
そして日頃の成果を見守ってあげてくださいませ~~!


♪アントネッロ門下生による~心・技・体 発表道場~

日時:2月1日(日) 17時開演
場所:鷹羽スタジオ
    (文京区千駄木3-10-23 Tel. 03-3821-1072)
講師:濱田芳通 石川かおり 西山まりえ
入場料:無料
お問い合わせ:アントネッロ事務局 
    (担当 寺島) Tel/Fax. 048-754-6670


ジョスカンの音楽世界がうごめく!

さーさー!明日は合唱団「ヴォーチェ・オルフィカ」の公演です。
東京カテドラルマリア大聖堂でございます~!
椿山荘の向かいにそびえたつ、あの大聖堂でーす!

わたしも。ルネサンス・ハープで参加しまぁす。

お題はジョスカンのミサです。
かっちょいいです。ムフ。
「めでたし海の星」のミサはあれれ?
こんな使い方するの???ってもう驚きっぱなし。
さっすがーーーー。ジョスカンさん奇抜なアイディア・・・
ホントにルネサンスの革命家で天才です。
わたしもカベソンの「めでたし海の星」のソロ演奏しまっす!

7時開演です!
当日券ありますので、ぜひぜひいらしてくださいねん♪

♪第24回ラ・ヴォーチェ・オルフィカ定期公演
「ジョスカン・デ・プレの世界」

1月23日(金)19時開演
東京カテドラルマリア大聖堂

濱田芳通 指揮
声楽アンサンブル 「ラ・ヴォーチェ・オルフィカ」
器楽 アントネッロ

●全自由席3000円
●ミサ曲<ラ・ソ・ファ・レ・ミ>他
●お申し込み・お問い合わせvocesyoukai@yahoo.co.jp
-------------------------

みよ。このリハ風景。
すごい熱気です・・。

IMG_0402.jpg


女性陣もこの表情。
一所懸命ってすごい。皆さま美しいです。

IMG_0395.jpg



濱田監督も絶好調。

IMG_0390.jpg


おおお?
なんと宇宙人が指揮してますわ~ん♪

IMG_0384.jpg


明日がとっても楽しみです・・・。

和みます。。

昨年末にはちょぃと体調悪くしましたが、おかげさまですっかりよくなりました。
そんな折に、あるハープの生徒さん(Hさん)からおいしい蜂蜜。
マヌカ・ハニーとご実家のお庭で採れた柚子。
いただきました♪

blog090116a.jpg


マヌカはとってもコクがあって、でも体にやさしい感じがするハチミツ。
とっても癒し~~。
柚子は香りも味も最高!
元気になりまーす。

そして、そんな元気ドリンクには!!

blog090116b.jpg


このマグカップでございまっす!
チェンバロの生徒さん(Cさん)から頂きました~。


このワタシの似顔絵!!
そしてこのブログのハープを弾いているイラスト!!!
漫画家のさそうあきらさんが描いてくださいました!

ハープの方は、演奏会が始まる直前、舞台上で調律しているところです。
ドキドキ感と、もうすぐ始まる音楽にワクワクしている!?

カップの絵の方は、日常のワタシでーす。だはは!


というわけで、今は元気に過ごしております。
最近、劇的に寒いですからね!
みなさま、どうかお風邪など召されませんように!


あ。。
もしも、、風邪とかひいちゃったら・・・。
・・・!
きっと体の調整でーす。メンテナンスのチャンスですから!
引き終った後には、前よりきっと体が軽くなっていらっしゃるでしょう。
♪だいじょぶでーす♪

新年スタートはカンティガス!

1月8日、上野・東京文化会館小ホールにて、ニューイヤーコンサートしました~。
お忙しい中、一緒に新年をお祝いしてくださいましてありがとうございました!!!(涙)

20090108c.jpg

終演後、カスタネットについて沢山質問いただきました。

私が叩いているカスタネットとの出会いは、南スペイン、アンダルシア地方です。
真夏の暑いグラナダ。
たしか気温は40度くらいあったような・・・。
アルハンブラ宮殿からすぐ近くの楽器屋さんにて出会いました。

わたしの手はとても小さいです。
そんな私の手を、ここのお店のおじさんがじーっと見て、

「君の手には、このカスタネットしか合わないだろう。」

と言って差し出してくれたものです。
黒檀ですが、他のカスタネットに比べるとめちゃめちゃ軽くて・・・。
お値段も結構しました。
でも・・・おじさんの言うとおり、私の手にはこれしか合わなかった!!
この手に合いすぎる!

という感じで、一瞬のうちに恋に落ちたカスタネットです。


20090108b.jpg

このプログラム。聖母マリアのカンティガス。
古い中世の時代、スペイン・ガリシア語の美しい詩が聖母マリアを讃えます。
そして音楽の原点を感じさせる旋律は、最高に魅力的ーっ!
い~つまでも頭から離れないのです~。
あーれぐりーあ!あれぐりーあ!!・・・


20090108a.jpg


たくさんの拍手を、どうもありがとうございましたっ!!!(涙)
大・大・大感謝でございます~~~ぅ!!!!

さ~~~!2月にはバロック・ハープの録音なんぞもございまーす。
2009年体力整えてがむばりまっす~~♪

変身

まだまだ続いています。
8日の本番、聖母マリアのカンティガスのリハーサル。
いよいよ大詰めになってまいりましたぁ!

た、た、たのしくて・・・。

夢中で・・・。

がおー!
気がついたら変身!

ブログ090107



みなさまと、2009年ニューイヤーをお祝いしたいです。
まだお席に余裕ございますぅ!どうぞお越しくださいね♪
公演詳細は1月4日の記事をご覧くださいませーっ!

新春・初稽古

今朝は珍しく・・・早起きです。
とってもわたし、集中してきたっ!きゃ。
数日前から既に始まっていた!この心地よい緊張感。
お正月だって今日に照準合わせて、過ごしていました。

そう!今日は初稽古でした♪

そしてそして、無事にリハ終了すると、
音楽がもたらしてくれる喜びが溢れましたぁ!
アッレーグリ~ア♪アッレグリ~ア~~♪!

私の大好きな・・・宝物!そこには光がいっぱい!
スペイン中世の歌です。
聖母マリアのカンティガスなのです。。
聖母にまつわる奇蹟のお話を題材にした歌。
そして、聖母マリアへの心からの賛歌です。
私も歌います。


メンバー全員!この表情!!真剣。
でも、喜びをもって皆、調和してますぅ。

blog090104.jpg



皆さま!!!ご都合よろしければ是非ご来場くださいね~~☆
心よりお待ちしております♪


2009年1月8日(木) 19時開演
東京文化会館小ホール JR上野駅公園口より徒歩2分 

ニューイヤーコンサート
「聖母マリアのカンティガス」


スペイン国王アルフォンソ10世編纂:聖母マリアのカンティガス
 プログラム:プロローゴ「詩を作り歌うとは」
        カンティガ第1番「詩を作り歌います」
             第10番「薔薇の中の薔薇」
             第15番「すべての聖人たち」
             第139番「驚くような、慈悲にあふれ」
             第384番「その大変な美しさゆえに」
             第167番「聖処女を信頼する者は誰でも」
             第100番「聖母マリア、夜明けの星よ」
             第166番「人々の体は罪によって」
             第60番「アヴェとエヴァの間には」
             第26番「驚くには値しません」
             第422番「神の母よ」
             第37番「美しく驚くべき奇蹟を」
             第159番「聖母マリアは許しません、聖母巡礼を」
             第425番「喜びよ、喜びよ」
 
 指定席6000円 自由席4500円

<チケット取り扱い>
東京文化会館チケットサービス 03-5815-5452


アントネッロコンサート製作実行委員会 
03-6413-8864 (月~土/10:00~18:00) 
anthonello.concert@gmail.com


忍耐と寛容の守護神

あけましておめでとうございまっす♪

ここ最近、た~~くさんの方々からお聞きする言葉。

「自分が変わってきている。」

本当に本当に!多くの方々から「変化」のキーワードを耳にします。
これ。偶然ではないと思うのです・・・。

この時期、みなさま心の脱皮なのかもしれませんね。

脱いで脱いで!!
そして新しい未来に挑む喜びを!!
みなさまにたくさんの光が降り注がれることを
心よりお祈り申し上げますっ♪


さて。
正月です。実家帰りました。
普段着の両親を公開いたします。
わたしがこんな風に育つまで、常に気の毒なほど忍耐と寛容の両親。
ありがとです。。。

絵でもなんでも美しく描く母。
料理だって、いつもおいしいものばかり作ってくれました。
盛り付けも天才だと思ってた。
美的感覚は彼女に叶わないです。
たぶん不思議な魔力があるに違いない。

blog090103a.jpg


写真のうまい父。
よく雑誌とかまたは地域のコンクールで賞とってます。
彼はいつもスナップ写真です。
街を歩く人々や動物、木々や物。みんなすべて!
ある瞬間に見事な主役としてドラマが展開している。
みんなに優しい情愛を感じられるから出来る技でしょう。

blog090103b.jpg



あ。母の傍らで、ファーファが笑っている…。


実家から戻り、母から直伝のお雑煮を作りました。

blog090103c.jpg


自分ではかな~~り美味しいと思うぅぅぅ!!!
でも。。。母のと比べたら叶わんのだな。

以上。
忍耐と寛容の守護神たちでした~。

プロフィール

Marie

Author:Marie
西山まりえ
チェンバリスト&
ヒストリカル・ハーピスト
演奏会スケジュールはコチラ!
twitterは miffyusakoです

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード